情報

お墓デザインコンテストの審査発表がありました

Pocket

こんにちは。店長の佐藤です。
毎年開催される、全優石主催「想いを込めたお墓デザインコンテスト」の審査が終わり結果が連絡されましたので、私がお手伝いさせて頂いたお客様の入賞作品をご紹介したいと思います。

仙台市内 K様


「縁」をとても大切に思われる方で、その気持ちからお墓をデザインしました。一般的に想いのたくさんこもったお墓は、凝ったデザインになりがちですが、「縁」のある方々を受け入れたい というご希望で段々シンプルにシンプルになり、最終的にこの形まで行きつきました。デザイン墓には珍しい「引き算」がとても美しいお墓です。

仙台市内 A様


近年感心が高まっている「両家墓」です。両家墓とは名字の違う方が入るお墓で、よく女の子しかお子さんがいない家庭からご希望があります。ただしA様の場合は名字の違うご親戚で、ご自宅も隣どうしのとても仲の良い関係です。両家墓の場合は、特に彫刻において前後や上下などの序列のようなものが出来てしまいます。それを避けたいとのことでまったくの対称にしました。本当は埋葬された故人への想いも込められているのですが、あまりに悲しいお話なので、ここでは割愛します。

仙台市内 T様


お墓に込められる想いには「故人」へ という他に「子孫」へ という気持ちもとても大切なものです。T様は亡くなった旦那様に対し「美しく生きてくれた」ことの感謝を込めて。またご自身、お子様、お孫様に対して「美しく生きよう、美しく生きてね」という気持ちと教えをお墓に込めました。ご自宅に伺う度に、お墓の打ち合わせを放ったらかしにしていろんなお話を聞かせて頂きました。

<まとめ>

他にもたくさんの素晴らしいお墓のをお手伝いさせて頂きましたが、今回はこの三つのデザインが入賞しました。近日、全優石のホームペ-ジで全作品が発表されます。全国から応募されますので、一つの石材店からの複数入賞はとても珍しいことです。まして一人の担当者が三つの入賞に携わるということは皆無だと思います。K様、A様、T様はじめ、想いを込めてお墓を造って頂いた皆さま、本当にありがとうございます。これからも末永いお付き合いをどうか宜しくお願い致します。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 情報

    時宗とは

    こんにちは。工事部の公平です。浄土宗の開祖である法然が亡くなった後…

  2. 情報

    はじめましてと映画の話

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  3. お知らせ

    春のお墓掃除の3つのコツを教えます!

    こんにちは。営業部の秋山です。ポカポカとした陽気を通り越して、外に…

  4. 情報

    禅宗とは?|曹洞宗

    こんにちは。工事部の公平です。今回は禅宗の一つ「曹洞宗」を紹介しま…

  5. お知らせ

    精霊棚にお供えするもの

    こんにちは。営業部の秋山です。7月が終わると、あっという間にお盆の…

  6. お知らせ

    墓石の大敵!?雨が続いたときのお手入れ方法

    6月に入り、ジメジメとした梅雨がやってきます。雨が続くとお洗濯もの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. イベント

    「秋の感謝祭」開催のご案内
  2. お墓

    黒や白だけじゃない御影石の種類
  3. 完成アルバム

    お客様にわかりやすい施工を心掛けています
  4. お知らせ

    お墓のお花を長持ちさせるコツ
  5. お墓

    周瑜のお墓
PAGE TOP