石のコト

ことわざ「石橋を叩いて渡る」

Pocket

こんにちは。
墓石のデザインをしている加藤です。
ブログにご訪問いただきありがとうございます。

「石橋を叩いて渡る」ということわざは皆さんもご存じだと思います。
石屋としても「石」つながりのこのことわざの詳しい意味を調べてみましたので、今回はそれをご紹介します。

意味

「石橋を叩いて渡る」ということわざは、硬く見える石橋でもなお安全を確かめて渡る。という意味で、用心の上にも用心深く行うたとえです。
似たようなことわざで以下のようなのもあります。

石橋を叩いても渡らない→用心を重ねたのに、行動しない。
石橋を叩いて壊す→用心深くなり過ぎて失敗する

硬さ

石とは硬いものですが、実は種類によって硬度も違います。
御影石でも、「白」より「黒」の方が硬いのです。
硬いということは、経年劣化しにくいということですね。
お墓を「黒」で建てる人が多い理由の一つです。

叩いてみるとわかる

実際に白御影石と黒御影石を叩いてみると違いがわかります。
硬い黒御影石の方が高い音がするんです。
密度が高い証拠ですね。
つまり、ことわざの「石橋を叩いて渡る」というのも、用心深く行うたとえですが、
叩いて硬さを確かめているので、理に適っているわけですね。

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?
ことわざも興味をもって調べてみると新しい発見があるかもしれませんね。

デザイナー 加藤

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 石のコト

    お墓にも使われる大理石

    こんにちは。営業の今野です。お墓に使用する石材といえば御影石ですが…

  2. 石のコト

    「石」は世界を変える!その可能性を紐とく

    こんにちは。佐藤石材工業三代目佐藤です。この度スタッフブログを…

  3. 石のコト

    石と人の歴史「勾玉(まがたま)」とは

    勾玉とはいったい何なのでしょう。大昔に石で作られたものですから、その形…

  4. 石のコト

    お墓以外でも御影石は使用されています

    御影石の使い道と言えば、真っ先に思いつくのがお墓です。かつては兵庫県の…

  5. 石のコト

    ガーデンテーブルの紹介

    こんにちは。総務課の佐藤です。早いもので11月になりました。紅葉や…

  6. 石のコト

    誕生石 – 6月

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 情報

    禅宗とは?|曹洞宗
  2. 寺院情報

    大崎市の寺院情報|東渓寺
  3. 石のコト

    石のある生活
  4. 街の情報

    北山五山の紹介
  5. 石屋の出来事

    墓じまいについて
PAGE TOP