石のコト

お墓にも使われる大理石

Pocket

こんにちは。営業の今野です。
お墓に使用する石材といえば御影石ですが、大理石を使用する方もおります。ヨーロッパでは大理石のお墓が一般的な国もあります。今回は大理石の特徴などを紹介します。

大理石とは

大理石は石灰岩がマグマの熱によって再結晶したものです。変成岩という種類になり、主な構成鉱物は、方解石(カルサイト)という主に炭酸カルシウムでできた鉱物です。

石材としての使用

石材として使用された世界的建造物は、パルテノン神殿やタージマハルが有名です。大理石は鉱物としては比較的加工がしやすい特徴があるため、さまざまなインテリアなどにも使用されます。しかし、その加工のしやすさは石材としてやわらかく、炭酸カルシウムは酸に弱い性質があり、酸性雨によって表面が傷んでしまいます。ヨーロッパでは、お墓の痛みをあまり気にしないようですが、日本ではお墓が傷んでしまう事を嫌う傾向がありますので、御影石が一般的となっています。

<まとめ>


御影石が一般的な日本でも、独特な模様が魅力の大理石を使用する方も増えてきています。大理石を使用する場合は、痛みがどのようになるのか確認したうえで石材を選びましょう。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. 石のコト

    誕生石 – 6月

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  2. 石のコト

    【調理器具】石鍋について調べてみました

    こんにちは。総務課の佐藤です。韓国ドラマが好きで毎日のように見てい…

  3. 石のコト

    お墓以外でも御影石は使用されています

    御影石の使い道と言えば、真っ先に思いつくのがお墓です。かつては兵庫県の…

  4. 石のコト

    ことわざ「石橋を叩いて渡る」

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  5. お墓

    黒や白だけじゃない御影石の種類

    御影石といえばお墓。お墓といえば御影石です。イメージする色の種類は黒や…

  6. 石のコト

    石と人の歴史「勾玉(まがたま)」とは

    勾玉とはいったい何なのでしょう。大昔に石で作られたものですから、その形…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お知らせ

    とよま玄昌石石彫品について
  2. 寺院情報

    涌谷町の寺院情報|見龍寺
  3. 施工事例

    お家の玄関石貼り施工のご紹介
  4. 完成アルバム

    外柵リフォーム工事の紹介
  5. 石のコト

    石と人の歴史「勾玉(まがたま)」とは
PAGE TOP