お墓

お墓の後継ぎがいなくなる時の解決方法

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
最近、「今あるお墓の後継ぎがいなくなるんだけど…」と相談を受けることが増えています。つい2日前にも、ご相談にお見えになった方もいらっしゃいました。
今回は、今あるお墓の後継ぎがいない場合の解決方法についてお話いたします。

後継ぎがいなくなるとお墓はどうなる?


お墓の後継ぎ(継承者)がいなくなってしまうと、いわゆる「無縁墓」になってしまいます。
今あるお墓の管理運営団体によって様々ですが、管理費が未納になってから連絡も取れない場合には、墓地にお墓を撤去する旨を掲示します。
そして一定期間を過ぎても継承者が現れない場合には、お墓は撤去され墓地は管理者に返還されることになってしまいます。
上記で述べた一定期間とは、墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)で一年間と定められていますので心配な方は覚えておきましょう。

方法その1 -両家墓-


1つ目の解決方法としは、今あるお墓を「両家墓」にして供養するという方法です。
両家墓とは、2つの家族の家系を1つにまとめたお墓のことで、少子化が進んでいる昨今では増加傾向にあるお墓の形態です。
両家墓にすることで、お墓の後継ぎ問題が解決できるほか、管理に関しても時間や手間・金銭的な負担を軽減することができます。
ただし、両家墓については2つの家族のことになるので、検討する際にはご家族やご親戚とよく話し合い、トラブルのないようにしましょう。

方法その2 -永代供養墓-


2つ目の解決方法としては、今あるお墓を改葬、墓じまいをして「永代供養墓」で供養する方法です。
寺院などの檀家で尚且つ、その寺院に永代供養墓がある場合には、宗派や宗旨を変える必要もなく、またご先祖様や故人も慣れた土地、風景のもとで眠ることができます。
永代供養墓を設けていない場所の場合には、一度管理者に相談のうえ公営や民営の施設で探すところから始まります。

<まとめ>

今回は、両家墓と永代供養墓の2つについてお話しましたが、状況により様々な解決方法がありますので、少しでも心配されている方は早めにご相談ください。
どんどん進んでいる少子化はお墓だけではなく、増加する空き家なども問題視される大きな課題です。
代々守り続けてきたお墓を無縁墓にしてしまうことのないように、自分たちの状況に合わせた解決方法を一緒に探していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    ブロンズのあるお墓

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  2. お墓

    お墓参りの時期はいつが良い?

    こんにちは。営業部の秋山です。今年のお盆は、なかなか天候に恵まれず…

  3. お墓

    自分で出来る目地の補修方法

    お墓はたくさんの部材を組み立て建立されており、その部材のつなぎ目である…

  4. ならわし

    お墓づくりの手順|時期の決め方

    こんにちは。営業部の秋山です。3回に渡ってお話していましたお墓づく…

  5. お墓

    フロアのデザイン

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  6. ならわし

    ご家族の皆さまとお見送りしました

    こんにちは。店長の佐藤です。仙台市営の「いずみ墓園」。特に芝生墓所…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お知らせ

    とよま玄昌石石彫品について
  2. スタッフ日記

    読めても書けない?鹽竈神社の見どころ
  3. 情報

    はじめましてと映画の話
  4. 彫刻事例

    ご両親の再会!
  5. イベント

    「墓地見学会&お墓相談会」最終日のお知らせ!
PAGE TOP