HOME

お墓

お墓を建てる際の石材店の決め方は?覚えておきたい3つのポイント!

Pocket

お墓は家と同じように、一生に一度あるかないかの大きな買い物です。
費用も高額なものですし、これまでのご先祖様や大切な故人が眠る重要な場所でもあります。
だからこそ、お墓を建てるのなら心から満足ができる仕上がりにしたいですよね。
石材店選びは満足がいくお墓に仕上げる上でとても重要なポイントです。
今回はお墓を建てる際の石材店選びのポイントを、それぞれくわしくご紹介しますのでぜひご参考になさってください。

チェック1.設備(店舗、展示場、工場)

・店舗の様子

まずは石材店自体の店舗の様子を確認しましょう。
石材店ではお墓のデザインをどうするのか、スタッフと話し合って細かく決めていきます。そんな大切な場だからこそ、落ち着いて打ち合わせできる環境を選んでください。
たとえば店舗の中が暗すぎないか、掃除が行き届いているか、過ごしやすく安心感のある石材店へ依頼しましょう。

・展示場がある石材店

また、墓石の展示場も併設している石材店がおすすめです。
石材のカタログだけでは細かい色や質感がわかりにくく、後ほどイメージと違う仕上がりになるリスクも。
墓石の展示場がある石材店なら、お墓の実物サンプルが目の前で見られるので安心です。

・自社工場がある

お墓は経年劣化や自然災害などで、ヒビや割れ、欠けなどのトラブルが起こることがあります。
大切なお墓をすみやかに修復できるように、自社工場や機械を持っている石材店を選びましょう。

チェック2.社員(アドバイザー、デザイナー、職人)

より自分の希望通りのお墓を建ててもらうには、信頼できるスタッフが重要です。
その石材店にどれだけ専門性の高いスタッフがそろっているかも、お店選びでチェックしておきたいポイント。
お墓の専門家であるお墓アドバイザーなどの資格を持っているスタッフがいるか、またお墓のデザインを提案してもらえるデザイナー、熟練の石材加工の職人がいるかも調べておきましょう。

チェック3.サービス(施工、保証)

墓地の立地はさまざまで、状況によっては専用の重機車両が必要になることも。
立地などの現場状況に合わせて、重機車両などの専門的な設備が整っている施工技術の高い石材店に依頼しましょう。
また、お墓を建てた後のアフターサービスも忘れてはなりません。

万が一建てたお墓に不備があった際に、しっかりした保証をしている石材店を選んでください。
保証書の発行はもちろん、お墓のクリーニングなど、建墓後もずっとお客様に寄り添ってお墓のケアをしてくれる石材店なのかも調べることをおすすめいたします。

<まとめ>

石材店は数多くあり、中には料金が安いからとの理由で石材店を選ばれる方もいます。
しかし、料金が安くても施工技術が低かったり、保証がしっかりしていなかったりと、結果的に満足のいくお墓に仕上がらないトラブル例も報告されています。
大切なお墓づくりで後悔しないためにも、今回ご紹介したポイントをふまえて石材店を決めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    意外と知らない!?お墓や仏壇にお線香を供える理由

    お墓参りの際や、毎日お仏壇にお供えする「お線香」のことを詳しくご存知で…

  2. お墓

    卒塔婆はどうして必要なの?その意味と由来について

    お墓の背面に立てられている「卒塔婆」は、誰もが目にしている木の板です。…

  3. お墓

    事前に知って安心。お墓で多いトラブルとは?

    最近、お墓に関するトラブルが何かと問題になっています。代表…

  4. お墓

    格調高い和型墓石!その構造と特徴について知ろう

    お墓には、色々なデザインがありますがその中でも、古くから見かける一般的…

  5. お知らせ

    新しい供養のカタチ。遺骨ペンダントを使用する際に気を付けること

    これまで供養の方法は火葬をしたお骨をお墓に埋葬するのが一般的で…

  6. お墓

    お墓の横にある「墓誌」って?何のために建てられているの?

    お墓には色々なデザインや形がありますが、お墓参りの際に墓石の横に飾られ…

最近の記事

アーカイブ

  1. イベント

    第33回全国統一全優石お客様感謝フェア開催中!
  2. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】金剛寺観音堂
  3. おおさきさくら花陵

    献花やご焼香について|おおさきさくら花陵
  4. お墓

    法要の当日までお墓に準備するものは?事前の準備を整えておこう!
  5. お墓

    どうしてお清めに「塩」を使うの?正しいお清めの塩の使い方とは?
HOME
PAGE TOP