お墓

正しいお焼香の回数を知っていますか?

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
仏式のお葬式や法事などで、お香を焚く焼香を行うことが多いと思います。宗派によってお焼香の考え方に違いはあるようですが、作法にも違いがあるのをご存知でしょうか?
今回は宗派によって違うお焼香の作法についてお話いたします。

お焼香の意味


お焼香は故人に対しての供養として行われます。
焼香の香りは仏の食物であると考えられており、お線香をあげることも焼香に含まれますが、「焼香」というと抹香を焚くことを意味することが多いです。また焼香は故人への供養だけではなく、焼香する人を清める意味もあります。
なお神式では玉串、キリスト教式では白い花をあげます。

宗派によって回数が違う?


焼香の際に抹香をつまみ額の高さまで上げる動作がありますが、それを「押しいただく」と言います。押しいただく回数は、同じ仏式でも宗派によって異なることがあります。
基本的には故人の宗派に沿って焼香するのが好ましいですが、自分の信仰する宗派に沿った作法でも問題ありません。

・真言宗:押しいただき3回
・日蓮宗:押しいただき1回もしくは3回
・日蓮正宗:押しいただき1回もしくは3回
・浄土真宗:押しいただかずに1回
・臨済宗:押しいただきもしくは押しいただかずに1回
・曹洞宗:1回目を押しいただき、2回目を押しいただかない
・浄土宗:回数の定めなし
・天台宗:回数、押しいただくかも自由

また参列者が多い際は、回数についてアナウンスがある場合もありますので、その際はアナウンスに従った回数でご焼香するようにしてください。

<まとめ>

それぞれの宗派によってご焼香の回数に違いがあるため、可能であれば故人の方の宗派を確認しておきましょう。不明な場合や確認していない場合には自身の宗派の回数でご焼香を。マナーも大切ですが、一番は故人をご供養する気持ちがあってこそです。ご焼香は心を込めて行い、しっかりと故人を送れるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    「全優石全国お墓無料点検サービス」の内容と申込方法

    全国の優良石材店が所属する団体、全優石は長年にわたってお墓を購…

  2. お墓

    墓誌に続柄は入れるべき?入れた場合のメリットとは

    墓誌はお墓に埋葬されているご先祖様の戒名や俗名、命日などを彫刻した…

  3. お墓

    生前にお墓を建ててもいいの!?「寿陵」を建てるメリットとは?

    終活ブームが起きる中で、近年生きているうちに自分のお墓を建立する方が増…

  4. お墓

    お墓が出来上がるまで 【その1基礎工事編】

    はじめまして、工事部の公平です。現場では滅多に…

  5. お墓

    新盆の迎え方とは?お墓で用意するものは?

    故人が亡くなって初めてやってくるお盆を「新盆(にいぼん)」と言…

  6. お墓

    先祖代々昔から引き継いでいるお墓。戒名をまとめることはできるの?

    お墓は先祖代々に渡って受け継がれていくものです。歴史が長い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石のコト

    人と石との付き合い
  2. お墓

    トラブルを回避するために知っておきたい!墓じまいの進め方とは
  3. 石のコト

    ことわざ「石の上にも三年」
  4. お知らせ

    お墓づくりの手順|信頼できる石材店探し
  5. お墓

    自由なデザインが魅力!キリスト教のお墓について知ろう!
PAGE TOP