HOME

お墓

知らなかった!?うるう年にお墓を建ててはいけないって本当?

Pocket

4年に一度やってくる、うるう年は1年間が366日ある年です。
実はこのうるう年に、お墓を作っていけないと言われていることをご存知ですか?
急ぎの理由があって、うるう年の期間にお墓を建てたい人にとっては非常に悩んでしまう問題ですよね。
どうしてうるう年にお墓を建ててはいけないのか、その真相についてご紹介します。

うるう年にお墓を建てられないのはどうして?

うるう年は漢字で書くと「閏年」となります。
暦の上では閏ではない年のことを平年と呼んでいます。
現在のうるう年は、365日に1日を追加した366日ですが、江戸時代の旧暦(太陰暦)では1か月多い13か月になっていました。
しかし、当時は武士のお給料を米単位の石高制、つまり年払いにしていたため、うるう年は平年と同じお給料で13か月間生活しなくてはならかったのです。
その分お金を残しておくために、藩主は家臣へうるう年はお金がかかる仏壇の新調やお墓の建立を見合わせるよう指示を出しました。
この言い伝えが現在まで残り、今でもうるう年にお墓を建立するのは良くないこととされているのです。

さらに、月が重なるうるう年は、悪いことがあると重なって起きてしまうのではないか、という考えもありました。
そのため、お墓=死者として死に結びついてしまうお墓の建立を、当時から控えるようになったという説もあるのです。

現在はうるう年にお墓を建てても問題はない

つまり、うるう年にお墓を建ててはいけないというのは、武士が家計を守るために藩主が家臣へ指示を出したのがきっかけ。
その後、武家だけでなく町民や農民にもこの話が伝わっていき、うるう年にはお墓やお仏壇を購入するのはもちろん、法事を行うのも控えるべきと広がっていったのです。

現在、うるう年は365日よりも1日長くなった366日となり、お給料は年払いではなく月給制になっているところがほとんどです。
そのため、うるう年の年間収入が平年と同じでも、家計に影響を及ぼすことはほぼありません。
宗教的な意味合いは持ち合わせていないため、うるう年にお墓を新しく建てたり、お仏壇を新調したりするのを控える必要はないのです。

ただし、西日本や東北の一部ではうるう年にお墓を建立するのはよくない、という風習が残っている地域もあります。
ですので、うるう年にお墓を新しく建てる際は、問題がないかどうかあらかじめ寺院や石材店に相談をしておけば不安は解消されるでしょう。

<まとめ>

うるう年にお墓を建ててはいけないという話は、江戸時代の質素倹約の考えから生まれた教えのようなもの。
お墓は埋葬する故人を想い、ベストと思えるタイミングに建立して、供養を行うのが大切です。
そのためご遺族が心からの供養ができるよう、お墓に関する不安なことは石材店などの専門家に相談をして、しっかりと不安を取り除いておきましょう。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    宮城で安心できるお墓の地震対策。その施工方法とは?

    大規模地震が多い宮城では住宅はもちろん、近年ではお墓にも一定の…

  2. お墓

    墓じまいをするとき、どこまで処分するの?誰に確認すれば良い?

    遠方でお墓参りがむずかしい場合や子供がいない夫婦など、さまざま事情…

  3. お墓

    お墓参りでやってはいけないこととは?

    お盆やお彼岸はご先祖様に挨拶に行くためお墓参りをする方が多い時…

  4. お墓

    最近増加する「無縁墓」とは?ならないためにどうするべき?

    核家族化が進み、一族がバラバラで暮らしている環境の中で問題になっている…

  5. ならわし

    法要はお昼前がお勧めです

    こんにちは。店長の佐藤です。完成したお墓で法要のお手伝いをして来ま…

  6. お墓

    遺骨をお寺に郵送する!?賛否両論の「送骨」サービスについて

    新しい供養の形が提案されている中で、近年話題を呼んでいるのが「送骨供養…

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    お墓は地震に弱い!?耐震対策にはどんなものがあるの?
  2. 彫刻事例

    ご両親の再会!
  3. お墓

    華厳宗ってどんな宗教?お墓は必要なの?
  4. おおさきさくら花陵

    陵内のお花たち|おおさきさくら花陵
  5. イベント

    第33回全国統一全優石お客様感謝フェア開催中!
HOME
PAGE TOP