墓地情報

宮城県利府町「たてやま霊園」の特徴と区画料金について

Pocket

宮城県利府町の「たてやま霊園」は、平成28年に新たに造成された公営霊園です。
利府町民がお墓参りしやすい環境に、お求めやすい永代使用料が魅力のたてやま霊園は、宗教、宗派問わずに申し込むことが可能。
今回はそんなたてやま霊園の基本情報から区画料金、特徴についてくわしくご説明します。

利府町たてやま霊園の基本情報

住所:〒981-0112 宮城県宮城郡利府町利府館 利府城跡 館山公園 横(建設中)
電話:022-767‐2119 (利府市役所 生活安全課 環境生活班)
電話番号:022-767-2119
アクセス:三陸道利府中インターチェンジから車でおよそ6分

たてやま霊園の区画料金について

たてやま霊園では、現在3㎡と1.5㎡の区画が用意されています。
また、一般区画だけでなくペットの霊園も、平成28年10月3日から受付がスタートしています。

○一般区画

・区画墓地 第一種(3㎡)

永代使用料:420,000円
年間管理料:5,400円

・区画墓地 第二種(1.5㎡)

永代使用料:210,000円
年間管理料:5,400円

○愛がん動物霊園

町内在住:一体につき3,240円
町外の方:一体につき4,860円

たてやま霊園の利用条件の詳細について

たてやま霊園の申込条件は以下に該当する方のみとなっています。

・利府町在住、もしくは住民票が1年以上登録されている方、利府町に本籍がある方
・祭祀の主賓者(葬儀の喪主、法事の施主を務める立場の方)、もしくは本人が使用される場合

※11月15日時点では、第2弾の区画墓地募集が終了しています。

たてやま霊園の特徴と魅力

・桜の名所で景色がきれい

たてやま霊園は利府城跡の館山公園の隣に位置しており、標高約90mの高台に位置しています。
元々館山公園は桜の名所として有名で、お花見の時期になると毎年多くの花見客が訪れる観光スポットでもあります。
自然豊かで利府町内を展望できる広い公園のそばで、ご先祖様が安らかに眠ることができる落ち着いた環境が魅力の一つです。

・動物霊園も完備

また、一般区画だけでなく動物霊園も完備されています。
ペットの焼骨を収蔵する霊園として、町内の方だけでなく町外の方も利用することができますよ。

・アスファルトで舗装されており快適なお参りができる

今年できたばかりの霊園であり、全面アスファルトで舗装されているバリアフリー仕様です。
雨の日でも足元がぬかるまず、足や墓石に泥跳ねをする心配がありません。
また、車椅子など足の不自由なご高齢の方でも歩きやすく、スムーズにお参りができるデザインになっているのも魅力の一つです。

<まとめ>

現在は第二次募集までが終了している段階ですが、詳細については利府町役所の生活安全課にて詳細のご案内をしています。
新しくできたばかりな上、美しい景観など多くの魅力があるたてやま霊園は、見学も自由です。
そのため、利府町の近くにお住まいで興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。
利府町

http://www.town.rifu.miyagi.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. 墓地情報

    遺言状の保管場所はどこが良い?|おおさきさくら花陵

    こんにちは。営業部の秋山です。お一人様からご利用できるおおさきさく…

  2. 墓地情報

    七ヶ浜町営「蓮沼苑」

    宮城県内の公営霊園、今回は七ヶ浜町立の「蓮沼苑」をご紹介します。…

  3. 墓地情報

    墓地で観光!? 世界でも珍しい「陽気なお墓」

    墓地と言えば死者を祀るところであり、なんとなく暗い、不気味など…

  4. 墓地情報

    車での道のりについて|おおさきさくら花陵

    こんにちは。営業部の秋山です。「おおさきさくら花陵」ですが、場所に…

  5. 墓地情報

    秋彼岸について|おおさきさくら花陵

    こんにちは。営業部の秋山です。今日で秋彼岸も終わり、一段と冷え込ん…

  6. 墓地情報

    区画墓地のお知らせ

    こんにちは。営業部の秋山です。今日は、登米市東和町にある寳林寺の区…

最近の記事

アーカイブ

  1. 墓地情報

    お掃除やお手入れの負担が減る?省スペースの一畳墓地とは?
  2. ならわし

    ご家族の皆さまとお見送りしました
  3. 石のコト

    石の紹介|MU
  4. 石屋の出来事

    自然石について勉強してきました
  5. スタッフ日記

    お墓ディレクター試験を受けてきました!
PAGE TOP