お墓

知らない人も多い?お墓参りの服装とお供え物に決まりはあるの?

Pocket

故人を偲んでご先祖様に敬意を表すお墓参りは、年に何回か行う家庭がほとんどです。
しかし、お墓参りの際に気になることの一つが服装とお供え物ですよね。
気づかないうちに失礼な行為をしていないか、気がかりに思う人もいるでしょう。
そこで、お墓参りの際はどのような服装で行けばいいのか、また、お供え物は何を持っていくのが良いのかをご紹介します。

お墓参りの時はどんな服装で行けばいいの?

お墓参りの服装は、結論から言うと特に指定はなく自由にして問題ありません。
そのため、ジーパンにTシャツというラフな服装でもマナー違反にはならないので安心してください。
ただし、法事や法会の際は礼服や黒のスーツを着用するのがマナーです。

また、家族だけでなく親戚などと一緒にお墓参りに行くこともありますが、その場合はあまり派手な色の服装は避けて、略式の礼服スタイルが望ましいです。
略式のものがなければ、黒や灰色といったブラウスやスカートなど控えめの色合いの服装にしていきましょう。

香水をつけている人は、香りが強いものを避けた方が失礼にあたりません。
まず、お墓参りの際は人と会ったときに不快感を与えないような、清潔感のある服装と身だしなみを心がければ問題ないと考えて良いでしょう。

お供え物は何を持って行けばいいの?

お墓参りの際に持っているお供え物も、特に決まりはありません。
お菓子や果物、お酒などをお供えするのが一般的ですが、中には故人が好きだった料理や趣味に関する物をお供えするケースもあります。
また、お供え物の食べ物やお菓子はお墓に直に置くのではなく、半紙やお皿などを用意するのを忘れないでくださいね。
そして、お花以外のお供え物は全て持ち帰るのが最近のマナー。
お菓子などの食べ物をお供えしたままだと、カラスといった動物に食べられてしまったり虫が寄ってきたりとお墓が汚れる原因になり、周囲に迷惑をかけてしまう恐れがあるのです。
お供え物は「共に供する」との意味があり、お供えしたものをご先祖様と分け合うことが供養になると考えられています。
そのため、お供え物は基本的に持ち帰って、家族で美味しくいただくようにしましょう。

お供え物はお仏壇に供えてもいい?

食べ物などのお供え物を、仏壇に供えるのも実は問題ありません。
あくまでも、故人やご先祖様が受け取っているのはお供え物を供えた方々の「気持ち」そのものです。
そのため、お墓参りをしたあとにお菓子などのお供え物はお仏壇に供えるという形でもマナー違反にはならないのです。
お仏壇にお供えした後は、親族みんなで美味しくいただきましょう。

<まとめ>

親戚からいただいたお菓子や、自分が旅行などで買ってきたお土産を一度お仏壇にお供えしてからいただいていた経験はありませんか?
お供え物はご先祖様と分け合う気持ちが大切です。
ご先祖様を祀る気持ちそのものが重要なので、服装もまた特にルールは決まっていません。
感謝の心を忘れず、派手すぎない服装でお墓を訪ねてみましょう。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. お墓

    灯篭ってどういうもの?お墓にあるのはどうして?

    お墓の横に設置されている「灯篭」は、古くから日本で使われていた照明器具…

  2. お墓

    新しい供養の形!「永代供養」のメリットとデメリット

    近年、悲しいことですが少子化高齢化が進みお墓の継承者がおらず、お墓を持…

  3. ならわし

    お悔やみの席では要注意!「忌み言葉」にはどんなものがある?

    お通夜や葬儀の場で使ってはいけないと言われているのが「忌み言葉」で…

  4. お墓

    宗派にとらわれたくない! 無宗派でのお墓の建て方は?

    最近では宗派にとらわれず、無宗派でお墓を建てることを希望される方が…

  5. お墓

    寿陵を検討している方へ。事前に考えておくことと購入時のポイント

    最近終活ブームによって、生きているうちにお墓を建てたいと希望さ…

  6. お墓

    戒名・法名は納骨前に彫刻しないといけないの?

    お墓をお持ちの方のほとんどは、不幸があった場合お墓へお骨を納めると思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石のコト

    ことわざ「石の上にも三年」
  2. 街の情報

    精進料理「おぼろ汁」について
  3. スタッフ日記

    最近、展示場の花苗はこうなりました!
  4. 街の情報

    コスモス祭り開催中!
  5. 墓地情報

    先行見学会|おおさきさくら花陵
PAGE TOP