お墓

「墓じまい」後に遺骨はどうする?

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
7月も後半に差し掛かり、お盆も近くなってきました。そのため、お墓に関するお問い合わせも増えてきております。お墓参りや管理が難しくなり「墓じまい」をお盆やお彼岸を機に考える方も多いのではないのでしょうか。
今回は、墓じまいの引っ越し先ついてお話いたします。

墓じまいって何?

お墓参りや管理が難しくなり、墓じまいを検討される方が増えています。一般的に墓じまいの際には、お墓を片付けて墓地を更地に戻してお寺や墓地の管理者に返還することです。
墓じまいが増えている背景としては、少子化や核家族化の増加があります。

遺骨はどうする?

墓じまいをする際には、手続きの前に遺骨の引っ越し先を探しておかなければなりません。
後悔のないようにじっくりと検討されることをお勧めします。

【永代供養】

引っ越し先に一番多いのが、永代供養での合祀です。
一言で永代供養といっても運営団体は「公営」「民営」「寺院」の3つに区分されます。
永代供養は将来にわたって供養が続きますが、費用面だけではなく、運営団体に問題がないか、規則や制限について自分と考えが合っているのかなどの細部まで確認しましょう。

おおさきさくら花陵は、全区画「永代供養付き」ですのでご安心いただけます。
おおさきさくら花陵

この他の永代供養については、こちらから調べることができます。
いいお墓ー永代供養-

【納骨堂】

納骨堂も永代供養付きのものが増えていますが、永代供養と同様に運営団体や規則などを必ず確認しましょう。その他にも、無許可で運営しているところもニュースなどで取り上げられいますので、認可についても必ず確認するようにしましょう。

【手元供養】

最近では洋風なリビングも増えたため、仏壇に見えないおしゃれなものもあります。仏壇の中に遺骨を納めることができるタイプのものがあるため、ご自宅で遺骨を保管する方もいらっしゃいます。仏壇だけではなく、コンパクトな骨壺も種類がたくさんあります。
ただし、手元供養の場合には供養する人がいなくなった時に残された遺骨をどうするのかを考えなければなりません。
毎日会える。新しいお墓のカタチ
手元供養ドットコム
https://redsegia.thebase.in/
大切な想いは、ここに。
Soul Jewelry
https://www.souljewelry.jp/

【散骨】

散骨は、海での海洋散骨・山での散骨(自然葬)・宇宙での散骨(宇宙葬)など種類が増えています。ただし、散骨については遺された家族が「心のよりどころがない」と感じることも多く、まったくお墓参りや供養が行えないことに不安を感じたり、後悔する方が多いようです。
ご自身が散骨を希望される場合には、家族ときちんと相談することをおすすめします。

<まとめ>

墓じまいは、お墓や故人、ご先祖様を大切に思う方ほど考える傾向にあります。
お子さんが遠方にいて今後の墓守が大変になることを想定して墓じまいを行う方もいらっしゃいますが、ご家族内はもちろんご親戚ともしっかりと話し合いをして、それぞれのご家族に合った供養を考えていただけたらと感じます。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    諸葛亮孔明のお墓

    皆さんこんにちは。営業部の内藤です。今回は、三国志で有名な諸葛亮孔…

  2. お墓

    お墓の後継ぎがいなくなる時の解決方法

    こんにちは。営業部の秋山です。最近、「今あるお墓の後継ぎがいなくな…

  3. お墓

    お墓についての疑問

    こんにちは。営業部の秋山です。先日、大好評で幕を閉じた「新春初売り…

  4. お墓

    フロアのデザイン

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  5. ならわし

    お線香にはどんな意味があるの?

    こんにちは。営業部の秋山です。お墓参りの際や、お仏壇にお供えする「…

  6. ならわし

    お墓にお供えするお花のおはなし

    お墓参りはお彼岸やお盆に行くことが多いと思います。そのため、普段なかな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 情報

    お墓だけじゃない?終活年賀状とは
  2. 完成アルバム

    お墓の建替え工事をさせて頂きました。
  3. 墓地情報

    涌谷町の寺院情報|永福寺
  4. お墓

    開眼法要について
  5. 施工事例

    御先祖様への想い、そして子供たち、孫たちへ。
PAGE TOP