お知らせ

春のお墓掃除の3つのコツを教えます!

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
ポカポカとした陽気を通り越して、外に出ると長袖でも暑く感じる日が増えてきましたね。
ここ最近は風は強く、車にも黄砂や砂埃がたくさん付いて洗車してもすぐに汚れてしまいますね。車同様、お墓にも汚れが付きますがそのままにしていると取れにくくなりキズなどの原因にもなりますので、今回は今の季節におススメのお墓掃除の3つのコツを説明します!

①まずはマスクを装着

自然に囲まれた環境に建てられていることが多いお墓。杉などの木が生えている場所が多く、また風が強いとたくさんの埃などを吸い込んでしまうことがあります。
マスクを着けて十分に対策をして、ご先祖様のためにゆっくりとお掃除をできる準備をしましょう。

②たっぷりの水をかける

今の時期だと黄砂などの汚れが心配です。いきなりスポンジで擦ったり、水拭きを始めてしまうと、お墓に付着している黄砂などでキズが付いてしまいます。
そのため、まずはたっぷりの水をかけて黄砂などを十分に洗い流しましょう。たっぷりの水をかけることで乾燥した汚れも柔らかくなり、取れやすくなります◎
水道ない場所では、いつもより多めの水を持参するようにしましょう。

③しっかりと乾拭きをする

水拭きをした後に、しっかりと乾拭きをすることも大切です。墓石表面の水分をなくすことで、汚れの吸着を防ぐため綺麗な状態を保ちやすくなります。
また乾拭きをした時にまだ汚れが残っている場合には、もう一度たっぷりの水をかけてみずぶきを することをおススメします。汚れが残っている状態で乾拭きをしても、すぐにシミのように汚れが出てきてしまいます。

<まとめ>

自然の中に囲まれた墓石は、どうしても汚れがつきやすくなっていますが、今の暖かい季節であれば比較的お掃除もしやすくなっています。
ご先祖様が眠っているお墓を綺麗にお掃除することは、感謝の気持ちを伝える供養の形にもなり、また綺麗なお掃除した本人はもちろん、お墓参りに訪れた方も清々しい気持ちになれますよ。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. イベント

    「春の感謝フェア」開催中です!

    こんにちは。総務課の佐藤です。ひな祭りも終わり、春の暖かさを感じる…

  2. ならわし

    お悔やみの席では要注意!「忌み言葉」にはどんなものがある?

    お通夜や葬儀の場で使ってはいけないと言われているのが「忌み言葉」で…

  3. 情報

    浄土宗とは

    こんにちは。工事部の公平です。今回も宗派繋がりということで「浄土宗…

  4. お知らせ

    お墓づくりの手順|信頼できる石材店探し

    こんにちは。営業部の秋山です。満開だった桜も徐々に散り始めましたね…

  5. お知らせ

    禅宗とは?|臨済宗

    こんにちは。工事部の公平です。今回も禅宗の一つ「臨済宗」を紹介しま…

  6. お知らせ

    新しい供養のカタチ。遺骨ペンダントを使用する際に気を付けること

    これまで供養の方法は火葬をしたお骨をお墓に埋葬するのが一般的で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    日本では土葬ができないの?これまでの土葬の歴史や文化について
  2. 石のコト

    こんなところに石・岩
  3. お墓

    お盆の迎え火と送り火とは?日にちや時間はいつ行うべき?
  4. お知らせ

    都心で増える屋内墓地とは?そのメリットとデメリットについて
  5. お墓

    新しいお墓の形!急増する「墓友」ってどんなもの?
PAGE TOP