墓地情報

明日から春の募集開始の仙台市営いずみ墓園

Pocket

お墓を建てるには土地が必要です。その土地も使用する際に費用がかかりますが、どの場所を選ぶかによって大きく変わってきます。また、環境面についても選ぶ基準としては大切なポイントです。今回は明日から募集が開始される仙台市営いずみ墓園についてご紹介したいと思います。

墓所は3種類

一般墓所、芝生墓所、個別集合墓所の3種類があります。
一般墓所は間口5.8尺×奥行6.7尺(約1.75m×2.03m)の4㎡の区画サイズです。従来の墓地を建てる区画と思っていただければ分かりやすいです。
芝生墓所は間口60㎝×奥行80㎝のコンパクトなサイズとなっています。西洋風のお墓のイメージで、墓石本体の下にお骨を納めるスペースがあります。
個別集合墓所は一見山のような見た目ですが、中心に対して円を描くようにお骨を納めるスペースが設けられています。8名ずつ1つの区画に納められるようになっています。

使用料について

それぞれの墓所についての費用は次の通りです。
・一般墓所
永代使用料:450,000円/区画
年間管理料: 3,600円/区画
・芝生墓所
永代使用料:380,000円/基
年間管理料: 5,760円/基
・個別集合墓所
永代使用料:210,000円/基
永代管理料: 88,800円/基(前納)

一般墓所と芝生墓所を比べると、区画面積が大きく違うのに価格は7万円しか違いません。面積当たりで考えると一般墓所はかなりお得かもしれないですね。対象的に年間管理料は芝生墓所の方が2160円高くなっています。これは、芝生は適切に手入れをする必要がありますので、きれいな芝生墓所を維持するための費用とも言えます。
個別集合墓所は年間管理料ではなく、永代管理料という事前に全て支払うタイプになります。墓石を建てることはできず、他の方と同じ区画に納められますが、事前に費用の支払いをすることで永代にわたって管理されるというメリットがあります。

いずみ墓園のここがおススメ

市街地より離れている場所にありますが、その分自然豊かで静かな場所にあります。よく落ち着いた気持ちでお墓参りができるという声を耳にします。区画もきれいに整備され、お参りがてらお散歩をされる方も多いです。水場も各区画に2~4つ設置されているため、どこの場所が当たっても便利です。
募集時期は年に2回、春と秋にあります。現在区画を造成中のため、応募すると必ず取得することができます。そのため予定が立てやすく、申し込みと同時にお墓を購入、いずみ墓園の使用許可証が届き次第お墓の工事を開始という方もいらっしゃるほどです。仙台市の霊園・墓園では、費用も一番お求めやすい点も人気の理由です。

<まとめ>

いずみ墓園は宗派・宗旨問わずご利用いただけ、墓石の形状についても自由です。従来の和型から洋型、またオリジナルなデザイン墓石も建っています。そのデザインの豊富さから、全国から石材店が見学に来るほどです。お墓を検討される際はいずみ墓園の見学をおススメします。とはいっても、いずみ墓園も広く見学するのも大変です。見学希望の際は、是非いずみの杜へご相談ください。スタッフにて見てタメになるポイントを説明しながら、ご案内させていただきます。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 墓地情報

    墓地の探し方|無宗教

    こんにちは。営業部の秋山です。突然ですが、みなさんは「無宗教」とい…

  2. 墓地情報

    お墓づくりの手順|墓地探し

    こんにちは。営業部の秋山です。だんだんと暖かくなり、お墓の準備を検…

  3. 墓地情報

    涌谷町の寺院情報|永福寺

    こんにちは。工事部の公平です。先日、お客様より「涌谷町営墓地で空い…

  4. 墓地情報

    大崎市の寺院情報|西林寺

    こんにちは。工事部の公平です。今回も大崎市(旧田尻町)の曹洞宗「西…

  5. 墓地情報

    区画墓地のお知らせ

    こんにちは。営業部の秋山です。今日は、大崎市田尻にある東渓寺の区画…

  6. 墓地情報

    区画墓地のお知らせ

    こんにちは。営業部の秋山です。今日は、登米市東和町にある寳林寺の区…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    お墓が出来上がるまで 【その1基礎工事編】
  2. ならわし

    お線香にはどんな意味があるの?
  3. お墓

    白虎隊のお墓
  4. お墓

    ブロンズのあるお墓
  5. 寺院情報

    大崎市の寺院情報|東渓寺
PAGE TOP