HOME

お知らせ

仏教の基礎知識!仏様の種類はどんなものがあるの?

Pocket

仏教では数えきれないほどの仏様が存在しています。
信仰礼拝の対象である仏様は、仏教の世界観や教義を私たちに伝えるために、色々な仏像として作られてきたのです。
そんな仏様ですが、いくつかに分類されているのをご存知でしょうか?
今回は仏教の基礎知識として知っておきたい、仏様の種類についてご紹介します。

仏様はどれくらいの数がいるの?

仏様が具体的にどれくらいの数がいるのかは、判明していません。
例えば仏像になっているだけでも数千の仏様がいますが、世の中にありとあらゆるものに仏様が宿っているとも考えられており、その数は万以上にも及ぶでしょう。
しかし、仏様は大きく分類すると、如来、菩薩、明王、天部、その他という5つに分けることができます。
どれも上下関係があるわけではなく、それぞれの役割の違いによって区分分けされているのです。
それでは、この5つの区分の仏様それぞれの特徴について、見ていきましょう。

仏様の種類ごとの説明

・如来(にょらい)

如来と聞くと「釈迦如来」をイメージする方が多いのではないでしょうか。
悟りを開いたお釈迦さまの姿が基本で、衣を軽くまとっただけの質素な姿をしているのが特徴です。
仏様の中で最高の境地に至ったという最高位に当たり、釈迦如来は仏法の開祖として有名です。

・菩薩(ぼさつ)

修行中で王子だった時代のお釈迦さまが原型で、首飾り、イヤリング、冠などの派手な装飾品をまとっています。
「悟りを求める者」を意味しており、最高の境地である悟りを目指して修行中の仏様や修行者のことを指しています。

・明王(みょうおう)

明王は如来からの命令を受けて、正しい道から背こうとする者に対して怒ったり、強引に屈服させたりする役割を持つ仏様です。
有名な不動明王のように顔付きは険しく、迫力のある形相が特徴。
如来や菩薩が蓮台に座しているのに対し、明王は岩や動物といったさまざまなもの上に座し、武器を持っている合もあります。

・天部(てんぶ)

弁財天、大黒天、毘沙門天などはこの天部に区分されます。
釈迦の説教に感銘を受けた古代インドの神々のことで、如来と人間との中間に位置する存在です。
仏教への信仰心をさまたげる外敵から民衆を守り、仏法を守る役割を担っています。

・垂迹(すいじゃく)

上4つ以外の仏様は垂迹と呼ばれており、実在した高僧や釈迦の弟子もこれに当たります。
釈迦の元に集まった16人の高弟のことを「16羅漢」と呼び、四国お遍路でも多くの羅漢像を見ることができます。

<まとめ>

私たち日本人は仏教徒でも、具体的に仏教の基礎についてくわしく知っていない人も多いです。
しかし、仏教の基礎知識を把握した上でさまざまな仏事を見てみると、その背景がわかりより深く楽しむことが可能です。
仏像を見る機会があったら、今回ご紹介したポイントを抑えて細部まで観察してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お知らせ

    話題の「終活セミナー」!どんなことをしているの?

    2012年の流行語大賞にノミネートされるほど、認知度が高くなっ…

  2. お知らせ

    ポータルサイト「お墓の引越しドットコム」とはどんなサイトなの?

    最近は遠方で管理できないお墓を自分たちの地域に移すため引っ越し…

  3. イベント

    「春の感謝フェア」開催中です!

    こんにちは。総務課の佐藤です。ひな祭りも終わり、春の暖かさを感じる…

  4. お知らせ

    石材店選びはとても大切!失敗しない石材店の選び方は?

    お墓は人生に一度あるかないかの大きな買い物です。そのため、…

  5. お墓

    「全優石全国お墓無料点検サービス」の内容と申込方法

    全国の優良石材店が所属する団体、全優石は長年にわたってお墓を購…

  6. 情報

    お墓だけじゃない?終活年賀状とは

    こんにちは。営業部の秋山です。12月はお正月に向けての準備でみなさ…

最近の記事

アーカイブ

  1. 石のコト

    福岡県八女石灯篭について
  2. お墓

    お墓のおすすめオプション!「名刺受け」を設置してみませんか?
  3. 墓地情報

    墓地や霊園を見学する際に、見ておくべき3つのポイント!
  4. お墓

    お墓を建てるときに方角はどこ向きがいいの?
  5. 石のコト

    お正月に「石材かるた」と「石材キューブパズル」で楽しいひと時を過ごしてみませんか…
HOME
PAGE TOP