石屋の出来事

「離島」のお仕事!

Pocket

こんにちは。工事部の公平です。
今回、女川町出島の墓地に法名彫刻の仕事に行ってきました!
巡航船にコンプレッサー、サンドタンク等の道具を積み込み、いざ出発です。
トップ画像は、出港前の女川港です。朝日がちょっと恥ずかしそうに隠れてますね!
AM7:00・女川港出港です。

女川港→江の島→寺間港→出島港→女川港

   
震災前は一日5便だった航路も島民の人口減少により現在では、3便になってしまい
1便は、女川港→江の島→寺間港→出島港・3便は、出島港→寺間港→江の島港→女川港といった航路になり、江の島港経由が必ずなので船に弱い私には毎回必ず「船酔い」がついて回ります。画像は、江の島港出港の画像ですがこの時点ですでにやられてます。

彫刻作業

    

出島には港が2箇所あるんです。それが、出島港と寺間港、どちらも浮桟橋ですが出島港の浮桟橋は車両が乗り入れできるので寺間港で降り、いつもお世話になっている阿部さんの軽トラックをお借りして出島港に向かい道具を積み込み作業に向かうといった流れですね!巡航船の乗組員の人たちが道具の積み下ろしをしてくれるのでいつも助かってます。
作業自体は内地での作業と同じで、墓誌に墨出しをし、ゴムシートを張りサンドブラストを施し、石種によっては着色作業を行い完了。今回は着色作業も施してます。

<まとめ>

    

画像は出島港ですが、震災前は更地になっている部分に島民の人たちの住宅が建ち並んでいたんですが、、、、、震災復興工事により状況がどのように変わっていくんでしょうかね。
しかし、長年の要望でもあった出島架橋(仮名)の工事も着工され5年後には完成予定と聞いてます。生活環境もだいぶ変わるでしょうね!橋が架かるまで私も元気に仕事を続けなければなりませんね。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. 石屋の出来事

    墓屋として身の引き締まるお話

    こんにちは。店長の佐藤です。私たち墓屋は、どうしても人の死に携わる…

  2. 石屋の出来事

    いしぶみvol.7を発行しました!

    こんにちは。営業部の秋山です。当社では発行しておりますニュースレタ…

  3. 石屋の出来事

    粉骨サービスを開始しました!

    こんにちは。営業部の秋山です。最近お客様からもお問い合わせが増えて…

  4. 石屋の出来事

    墓じまいについて

    皆さんこんにちは。営業部の内藤です。近年、墓じまいをする方が大変多…

  5. 石屋の出来事

    「お墓づくりの教科書」作りました!

    こんにちは。営業部の秋山です。最近、日中の天気が良くても夕方から雨…

  6. 石屋の出来事

    トップ5の記事をご紹介します!

    こんにちは。営業部の秋山です。この佐藤石材工業のスタッフブログもあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 構造

    お墓に設置するステンレスについて
  2. 街の情報

    食欲の秋到来!!
  3. 墓地情報

    秋彼岸について|おおさきさくら花陵
  4. 石のコト

    お墓に使う御影石。価格に違いがあるのはなぜ?
  5. お知らせ

    都心で増える屋内墓地とは?そのメリットとデメリットについて
PAGE TOP