石のコト

石の紹介|国産の白御影石 稲田石

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
展示場にご来場いただいた方は、石の種類の多さに驚くことが多いのですが、その中で「稲田石」という石を紹介したいと思います。

稲田石の特徴


稲田石は明治中期から採掘されている日本を代表する白御影石です。
産地は茨城県で、鉱山により若干色調は異なるものの白く美しい色調が特徴で、古くから建築物にも使用されている御影石です。
圧縮強度は167.481n/mm2と硬く、吸水率は0.22%です。
国産を代表する御影石なのですが、特に長尺物が採れやすいため、建築物の他に墓石や記念碑、神社の鳥居などにも多く用いられています。

稲田石の施工例


稲田石を使用している建築物は多く、特に外壁に使用されていますので抜粋してご紹介します。
三井銀行本店、日本橋、日本赤十字社本館、日本銀行福島支店、東京駅、三菱銀行本店、明治神宮表参道、明治生命保険㈱仙台支店、天神橋、三越札幌支店、明治神宮、国立上野博物館などなど、これらは明治から昭和にかけて造られたものです。
近年ですと、仙台港緑地や天王州アイル、広島平和都市記念碑などがあります。
また墓石としては文豪、夏目漱石や初代貴乃花が眠る花田家、歌手の忌野清志郎家のお墓にも使用されています。

<まとめ>

稲田石は埋蔵量も多く、まだまだ採掘されている国産の石です。明治から今もなお有名な建築物にも使用され、それだけ実績や歴史のある石だということも確認できます。今回は一部しかご紹介できませんでしたが、全国各地の建築物に使用されています。せびお近くで間近で見る機会があったら、じっくりと見てみてください。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 石のコト

    墓石に使われる「御影石」ってどんな石材?特徴を知ろう

    ご先祖様や故人が眠るお墓ですが、最近では終活という言葉が話題に挙がるよ…

  2. 石のコト

    福岡県八女石灯篭について

    こんにちは。総務課の佐藤です。毎日雨の日が続いており、気持ちも晴れ…

  3. 石のコト

    石の紹介|G623

    こんにちは。営業部の秋山です。展示場にご来場いただいた方は、石…

  4. 石のコト

    世界で最も赤い石!?インド産の石材「インペリアルレッド」について

    お墓の色と言えば、グレーや黒のイメージが強いですが、その2つの色の次に…

  5. 石のコト

    お子様にオススメの「石の絵本」を紹介します!

    こんにちは。総務課の佐藤です。早いものでもう師走です。12月はいろ…

  6. 石のコト

    ガーデンテーブルの紹介

    こんにちは。総務課の佐藤です。早いもので11月になりました。紅葉や…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    宮城県内でのペット供養が出来る施設は?
  2. 墓地情報

    宮城県内の公営霊園の倍率はどのくらい?
  3. お墓

    こんなにも違う?日本各地でのお墓参りの風習
  4. 墓地情報

    宮城県利府町「たてやま霊園」の特徴と区画料金について
  5. お墓

    墓地の名義人が亡くなった時の手続きは?流れをわかりやすく解説!
PAGE TOP