石のコト

モアイ

Pocket

こんにちは。
墓石のデザインをしている加藤です。
ブログにご訪問いただきありがとうございます。

私は遺跡や建造物に少し興味があって調べたりするのが好きなのですが、今回は皆さんも知っている「モアイ」について書いてみました。

モアイについて

モアイはチリ領であるイースター島にある人面を模した石造彫刻です。
凝灰岩でできており、高さは3.5mくらい。重量は10トンから最大で90トンのものまでさまざまで、約900体あるそうです。多くのモアイは海を背にしています。

製造と運搬

採石はラノ・ララクと呼ばれる噴火口跡です。ここには今でも完成途中のモアイと彫る道具が散乱しているようです。
しかしこの大きな石造を作成し、どうやって運んだのかという謎があります。ロープとして使える植物は島内で少なく、強度にも問題があるそうです。
多くのモアイは発見当時には倒されており、現在は40体ほど復元されています

誰が何の為に?

目的や用途は諸説あり定説はなかったのですが、近年このモアイは「墓碑として使われていた」とう説が有力になりつつあります。それは、モアイの土台部分から人骨が出土しているからなんだそうです。
故人を偲ぶお墓だったのでしょうか?

<まとめ>

いかがでしたでしょうか?
この小さな島に900体もの巨大な石造があることに神秘性を感じます。
ちなみに宮城県南三陸町にはチリからイースター島の石で製作されたモアイのレプリカが寄贈してあります。お出かけする機会があれば一度ご覧になってはどうでしょうか?

デザイナー 加藤

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 石のコト

    歴史あるところに石ありⅡ -秋の山唄発祥の地―

    こんにちは、総務課の佐藤です。当社がある涌谷町は、なんと民謡で有名…

  2. 石のコト

    モニュメントのご紹介

    こんにちは。総務課の佐藤です。展示場にマリーゴールドやベコニアやダ…

  3. 石のコト

    数々の著名人のお墓に使われる石!本小松石の特徴は?

    国産の石の中でも、最高級品として有名なのが本小松石。同じく国産…

  4. 石のコト

    宮城県でしか採れない石!伊達冠石ってどんな石?

    宮城県の代表的な石材の一つが「伊達冠石(だてかんむりいし)」です。…

  5. 石のコト

    世界的に有名な日本の石!最高級石材の庵治石

    日本で産出されるものの中でも、世界的に評価の高い石が「庵治石(あじ…

  6. 石のコト

    白系のお墓なら稲田石!その歴史と人気の理由について

    国産の墓石材の中でも、白御影の代表的な存在と言われているのが「稲田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石屋の出来事

    当社でお世話になったお客様に「いしぶみvol.10」を発送しました!
  2. お知らせ

    江戸時代から続く趣味!?「墓マイラー」の魅力とは?
  3. お墓

    曹洞宗ってどんな宗教?お墓には特徴があるの?
  4. ならわし

    覚えておきたい!お彼岸にお墓参りをするのはどうして?
  5. 情報

    鏡開きってなんで鏡“開き”なの?
PAGE TOP