石のコト

石の紹介|G623

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。

展示場にご来場いただいた方は、石の種類の多さに驚くことが多いのですが、その中でG623」という石を紹介したいと思います。

G623の特徴

G623の読み方は「ジーロクニサン」です。
産地は中国で、中国産の中では最大の輸入量を誇る石種です。圧縮強度は111.35n/mm2、吸水率は0.330%と吸水による変色はしやすいものの、リーズナブルな価格が魅力的な石です。
石目は白・黒・グレー・ピンクの粒が入っており、見る角度によってはキラキラしています。

G623の建墓例


先述したようにリーズナブルな価格が大変魅力的なG623ですが、吸水による変色の他に彫刻面が見えにくいということもあるため、彫刻した場合には着色が必要になります。
着色も落ちてしまうため、メンテナンスが必要になります。メンテナンスが難しいという方には彫刻面を黒御影石などにした「プレート型」への変更もオススメしています。

<まとめ>

今回は、中国産の御影石で最大の輸入量を誇るG623をご紹介しました。色については、文字や画像では中々伝わりにくいと思いますので、是非実物をご覧ください。
特に予算を抑えた建墓を検討されている方は、候補の石種としても考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 石のコト

    石の紹介|G663

    展示場にご来場いただいた方は、石の種類の多さに驚くことが多いのですが、…

  2. 石のコト

    モニュメントのご紹介

    こんにちは。総務課の佐藤です。展示場にマリーゴールドやベコニアやダ…

  3. 石のコト

    お墓を建てる前に知っておきたい!国産墓石が高いのはどうして?

    お墓に使われる石材は大きく分けて国産のものと海外産の2つがあります…

  4. 石のコト

    お墓にも使われる大理石

    こんにちは。営業の今野です。お墓に使用する石材といえば御影石ですが…

  5. 石のコト

    お墓に使う御影石。価格に違いがあるのはなぜ?

    日本のお墓はそのほとんどが御影石で作られています。そのうちの半…

  6. 石のコト

    ことわざ「石橋を叩いて渡る」

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    納骨を依頼したらいくらぐらいかかるの?目安を知りたい!
  2. 街の情報

    バラの香りに包まれて・・・
  3. 墓地情報

    管理が行き届いている墓地とはどんな墓地?見極めるポイント
  4. お墓

    骨壺から水が出てくる!?その理由と対処法について
  5. お墓

    華厳宗ってどんな宗教?お墓は必要なの?
PAGE TOP