ならわし

お念仏を称えましょう

Pocket

こんにちは。総務課の佐藤です。
今月はお盆(盂蘭盆会)の月で、御先祖様が帰ってくる時期です。家族揃ってご先祖様を迎えて思い出話をしてみてはいかがですか。
仏壇やお墓参りの時には、お念仏 『南無阿弥陀仏』を称えてみてくださいね。

法然上人とはどんな人


浄土宗の宗祖で、源空(げんくう)上人ともいいます。
崇徳帝の長承二年(1133)4月7日 美作国久米南条稲岡庄(現在 岡山県久米郡久米南町)に誕生され、幼名を勢至丸(せいしまる)と名付けられました。
15歳の春、叔父の紹介で岡山県から京都の比叡山に登り修業をしました。それまでの仏教は、出家して戒律を守り、厳しい修行をしなければ助からない教えと思われていましたが、法然上人は誰でも修し易く平等に極楽往生することができるというお念仏の教えをした方です。

お歌『極楽も かくやあるらん あらたのし はや参らばや 南無阿弥陀仏


このお歌は、法然上人が晩年弾圧を受け讃岐(愛媛県)へ配流された時に流刑地へ向かう途中、人々の温かいもてなしを受けて、詠まれたお歌です。
京都を出発し、途中の瀬戸内海に浮かぶ塩飽島で遠近から集まった者たちに、これからは自分の修行も、どなたかに伝える教えもすべてお念仏一筋になさって下さいと述べ、共々にお念仏を称えたということです。そこでこのお歌が詠まれたと言われています。
    「意訳」
    極楽もこんなところであるのだろう。
    ああ楽しいことだ。
    一刻も早く極楽浄土に参りたいものだ。
    南無阿弥陀仏

<まとめ>

法然上人は、極楽浄土はお念仏のご縁をいただいた方々と再び出会う楽を得られる世界であるとお示しになっておられますので、いつの日か極楽に参るその時まで、この世において共々にお念仏の功徳を重ねて参り阿弥陀さまに救われたいものですね。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. ならわし

    お墓にお供えするお花のおはなし

    お墓参りはお彼岸やお盆に行くことが多いと思います。そのため、普段なかな…

  2. お墓

    よくお墓に使用される「御影石」をご紹介します。

    こんにちは、営業部の内藤です。以前よりご来店頂いたお客様より墓石に…

  3. お墓

    四十九日の過ごし方とは?

    こんにちは。営業部の秋山です。悲しいことにご家族を亡くされて、わた…

  4. お墓

    お墓参りの時期はいつが良い?

    こんにちは。営業部の秋山です。今年のお盆は、なかなか天候に恵まれず…

  5. ならわし

    お盆と中元について

    こんにちは。総務課の佐藤です。毎日暑い日が続いておりますが体調の方…

  6. ならわし

    1月16日はお墓参りの日?

    こんにちは。営業部の秋山です。みなさんは1月16日にお墓参りをします…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 墓地情報

    さくら陵のご紹介|おおさきさくら花陵
  2. 石屋の出来事

    離島の納骨
  3. 石のコト

    福岡県八女石灯篭について
  4. スタッフ日記

    展示場の花の植え替え♪
  5. 石のコト

    モアイ
PAGE TOP