HOME

お墓

卒塔婆はどうして必要なの?その意味と由来について

Pocket

お墓の背面に立てられている「卒塔婆」は、誰もが目にしている木の板です。
しかし、この卒塔婆はどうしてお墓と一緒に置かれているのか、その理由をご存知でしょうか?
今回は、目にする機会は多くてもその実態がよくわからない卒塔婆についてご紹介します。

「卒塔婆」はどうして立てる必要があるの?

「卒塔婆(そとば/そうとば)」とは、墓石の後ろに立てられている死者の追善供養(ついぜんくよう)のために使われている細長い木の板のこと。
追善供養は、生きている方が故人に対して行う供養のことであり、この供養=善行が故人の善行にもなるという仏教の考えから行われています。
お墓は「○○家」と彫刻されているように、先祖を含めた複数の方々の供養のために建てられていますが、卒塔婆には故人の戒名が書かれており、個人の供養のために立てられるものなのです。
仏教では卒塔婆を故人のために立てることが善行の一つであるとされており、四十九日や一周忌などの法要、お盆、お彼岸などの供養に合わせて新たに立てられています。

卒塔婆の由来について

卒塔婆は「塔婆(とうば)」とも呼ばれており、起源はサンスクリット語の「ストゥーパ」です。
このストゥーパは、釈迦の遺骨を納めている五輪塔のことで、それを元にして作られたのが現在の卒塔婆。

卒塔婆自体が仏教の世界観を表すものとして、下から順に以下の5つの意味を持っています。

一番下の四角:「地」
その上の円形:「水」
三角:「火」
半円:「風」
宝珠:「空」

これら5つが仏教では宇宙を構成していると考えられていて、人が亡くなるとこの5つの要素に還元されると説かれているのです。

卒塔婆はどのタイミングで立てるの?

卒塔婆はまず、納骨の際に供養を行いお墓の後ろに立てられます。
その後は、四十九日、一周忌などの法要ごとに新しい卒塔婆を変えるため、あらかじめお寺に依頼をして用意してもらいましょう。
卒塔婆を作成してもらう費用は、お寺や霊園によって異なりますが3,000円から1万円ほどが一般的。
封筒に入れて表書きに「卒塔婆代」、もしくは「御布施」などと記入して渡しましょう。
法要が終わったら卒塔婆をお墓に立てに行くのが一般的ですが、お寺によっては卒塔婆を立てて供養を行ってくれる場合もあります。
また、卒塔婆を立てるスペースには限りがあるため、古くなった卒塔婆は処分する必要があります。
処分の方法は墓地によって異なるため、事前に管理者に確認しておきましょう。

<まとめ>

お墓参りや法要の際にいつも目にしているのに、何のために使われるのかよく分からないものの一つが卒塔婆です。
法要などの際は、卒塔婆の意味を知った上で改めて、供養する気持ちを持って卒塔婆を立てることで、またご先祖様や故人への想いも変わってくるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. お墓

    お墓でよく見るお地蔵さまと観音さまの違いはなに?

    墓地でよく見かけるお地蔵様や観音様。どちらも見かけたら手を合わ…

  2. お墓

    地震で墓誌だけ倒れてしまった!新しく同じ石で作れる?

    お墓は耐震構造を施していても、周りの付属品が破損してしまう可能性が…

  3. お墓

    宮城の人気の形とは?お墓のデザインランキング

    お墓の形は一般的に和型、洋型、デザイン型に大別されます。昔からよく…

  4. お墓

    葬儀でのお焼香の正しい作法は?宗派によって違いはある?

    お葬式の際に行う、お焼香のやり方を詳しくご存知ですか?特に初めての…

  5. お墓

    カーネーションをお墓に供えよう!「母の日参り」のすすめ

    5月のゴールデンウィークが終わると、母の日がやってきます。…

  6. お墓

    文豪 夏目漱石のちょっと変わったお墓の話

    明治から大正時代にかけて活躍した文豪の夏目漱石。「坊ちゃん」や「こ…

最近の記事

アーカイブ

  1. 情報

    曹洞宗の開祖 道元禅師の生い立ちは?どんな生涯を送っていたのか?
  2. 石屋の出来事

    お客様にわかりやすいご提案を心掛けています
  3. 石屋の出来事

    トップ5の記事をご紹介します!
  4. 彫刻事例

    お墓に彫刻する書体に決まりはあるの?
  5. ならわし

    密葬ってどんな葬儀?家族葬や直葬との違いは?
HOME
PAGE TOP