スタッフ日記

【奥州三十三観音巡礼】紹樂寺

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
行楽シーズンに入り、お出かけがしやすい季節になってきていますね。
今回は、最近私が巡礼している奥州三十三観音についてご紹介します。

奥州三十三観音とは?

奥州三十三観音は、宮城県・岩手県・福島県の3県にある三十三か所の観音霊場です。
開基は、平安時代初期の延暦13年(794年)から貞観6年(864年)に円仁(慈覚大師)によって行われたいたとされています。
そして現在へとつながる札所が定められたのは、江戸時代中期の宝暦11年(1761年)に第30番札所である気仙沼市にある補陀寺の智膏和尚をはじめとした7人の僧侶によって再興されたそうです。

【第1番札所】那智山 紹樂寺(なちさん じょうがくじ)

   
紹樂寺の開山は平安時代で、応永20年(1413年)には曹洞宗になったとそうです。
境内に向かって左側から登っていくと、観音堂があり秘仏の木造の十一面観音菩薩が安置されています。
・住所 〒981-1242 宮城県名取市高舘吉田西真坂17

分霊像の観音さま


ご本尊は交通の便も悪いため、お参りがしやすいようにと境内に十一面観音菩薩の分霊像が建立されています。制作は当代美術彫刻家の第一人者である松甚五郎師に依頼し、1年の期間を要し完成したそうです。高さは台座も含めて、11尺(約3m30cm)もあり迫力満点でした。

 

 

 

<まとめ>

奥州三十三観音は、専用の納経帳もあり差し替え式で御朱印をいただくことができます。
納経帳には、住所や電話番号などをはじめ、ご本尊の種類やお寺のあらましも書かれていますので勉強になります。
食欲の秋、行楽の秋、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋など様々な楽しみ方がありますので、ぜひ皆さんも秋を楽しんでくださいね。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】妙見山 黒石寺

    こんにちは。営業部の秋山です。今回は、私が巡礼している奥州三十三観…

  2. スタッフ日記

    展示場の花の植え替え♪

    前回春に植えたパンジーが終わりに近づいてきましたので、ベゴニアへバトン…

  3. スタッフ日記

    展示場花苗のその後・・・

    こんにちは、経理担当の吉津です。初夏とはいえ、日差しが強くなってき…

  4. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】秀麓齋

    こんにちは。営業部の秋山です。今回は、最近私が巡礼している奥州三十…

  5. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】安狐山 斗蔵寺

    奥州三十三観音とは?奥州三十三観音は、宮城県・岩手県・福島県の3県…

  6. スタッフ日記

    最近、展示場の花苗はこうなりました!

    こんにちは。経理の吉津です。梅雨入りし、湿度は高いのですが全然雨が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    お墓参りに持って行くお花に選び方や決まりはあるの?
  2. 情報

    禅宗とは?|曹洞宗
  3. お知らせ

    墓石の大敵!?雨が続いたときのお手入れ方法
  4. 墓地情報

    お掃除やお手入れの負担が減る?省スペースの一畳墓地とは?
  5. お墓

    華厳宗ってどんな宗教?お墓は必要なの?
PAGE TOP