スタッフ日記

【奥州三十三観音巡礼】金剛寺観音堂

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
今回は、最近私が巡礼している奥州三十三観音についてご紹介します。

奥州三十三観音とは?

奥州三十三観音は、宮城県・岩手県・福島県の3県にある三十三か所の観音霊場です。
開基は、平安時代初期の延暦13年(794年)から貞観6年(864年)に円仁(慈覚大師)によって行われたいたとされています。
そして現在へとつながる札所が定められたのは、江戸時代中期の宝暦11年(1761年)に第30番札所である気仙沼市にある補陀寺の智膏和尚をはじめとした7人の僧侶によって再興されたそうです。

【第3番札所】金剛寺観音堂

     
金剛寺は真言宗のお寺で、熊野本宮社の別当寺です。
観音堂は新しく建てられたようで、「川上生活センター」と広場があるところにあります。
納経所は近くにある新宮寺にありますので、観音堂お参り後にそちらに向かいます。
・「金剛寺観音堂」住所 〒987-1243 宮城県名取市高舘川上八反56
・「新宮寺」住所 〒981-1241 宮城県名取市高舘熊野堂岩口中35

【ご本尊】十一面観音


観音堂の中には十一面観音が納められており、入り口には石碑が建てられています。
その石碑には、「後の世をたのめやたのめ諸人をすぐにみちびくのりの教ぞ」という歌が刻まれています。

<まとめ>

奥州三十三観音の専用納経帳は、2番札所の秀麓齋で手に入れることが出来ます。
納経帳には、住所や電話番号などをはじめ、ご本尊の種類やお寺のあらましも書かれているので、事前に読んでおくことをおススメします。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】紹樂寺

    こんにちは。営業部の秋山です。行楽シーズンに入り、お出かけがしやす…

  2. スタッフ日記

    最近、展示場の花苗はこうなりました!

    こんにちは。経理の吉津です。梅雨入りし、湿度は高いのですが全然雨が…

  3. スタッフ日記

    「水子供養塔」について

    皆さんこんにちは。営業部の内藤です。梅雨入りはしましたが、暑い日が…

  4. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】安狐山 斗蔵寺

    奥州三十三観音とは?奥州三十三観音は、宮城県・岩手県・福島県の3県…

  5. スタッフ日記

    展示場花苗のその後・・・

    こんにちは、経理担当の吉津です。初夏とはいえ、日差しが強くなってき…

  6. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】妙見山 黒石寺

    こんにちは。営業部の秋山です。今回は、私が巡礼している奥州三十三観…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    夫婦で宗教や宗派が違う場合、お墓はどうすればいいの?
  2. お墓

    友引にお墓参りや葬儀をするのはNG!?どうして避けられているの?
  3. おおさきさくら花陵

    ガーデン葬のご紹介|おおさきさくら花陵
  4. 石屋の出来事

    離島の納骨
  5. お墓

    開眼法要について
PAGE TOP