スタッフ日記

【奥州三十三観音巡礼】安狐山 斗蔵寺

Pocket

奥州三十三観音とは?

奥州三十三観音は、宮城県・岩手県・福島県の3県にある三十三か所の観音霊場です。
開基は、平安時代初期の延暦13年(794年)から貞観6年(864年)に円仁(慈覚大師)によって行われたいたとされています。
そして現在へとつながる札所が定められたのは、江戸時代中期の宝暦11年(1761年)に第30番札所である気仙沼市にある補陀寺の智膏和尚をはじめとした7人の僧侶によって再興されたそうです。

【第4番札所】斗蔵寺


斗蔵寺は斗蔵山の山頂にあり「おとくらさん」と親しまれているお寺です。
坂上田村麻呂が大同2年(807年)に開基したと伝えられ、その際千手観音を安置したといわれています。
近くの斗蔵神社には弘法大師が訪れ「紫雲天になびき 奥州無二の霊地なり」と称賛したそうで、斗蔵山は遊歩道も整備さえており「野鳥の森」としても訪れる方が多いようです。
他にも角田市を代表する民謡「えんころ節」の石碑も建っています。

・「斗蔵寺」住所 〒981-1514 宮城県角田市小田字斗蔵95

【ご本尊】千手観音


銅造と木造の千手観音像は秘仏であり、それぞれ県と市の文化財に指定されています。朱塗りの観音堂は周囲の木の緑に映えています。観音堂の奥に進むと、斗蔵神社もあります。

<まとめ>
奥州三十三観音の専用納経帳は、2番札所の秀麓齋で手に入れることが出来ます。
納経帳には、住所や電話番号などをはじめ、ご本尊の種類やお寺のあらましも書かれているので、事前に読んで参拝すると良いですよ。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】紹樂寺

    こんにちは。営業部の秋山です。行楽シーズンに入り、お出かけがしやす…

  2. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】亀峰山 長泉寺

    こんにちは。営業部の秋山です。今回は、私が巡礼している奥州三十三観…

  3. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】名取千手観音堂

    こんにちは。営業部の秋山です。今回は、最近私が巡礼している奥州三十…

  4. スタッフ日記

    読めても書けない?鹽竈神社の見どころ

    こんにちは。営業部の秋山です。私事ではありますが、先日家族の納車が…

  5. スタッフ日記

    【奥州三十三観音巡礼】妙見山 黒石寺

    こんにちは。営業部の秋山です。今回は、私が巡礼している奥州三十三観…

  6. スタッフ日記

    追加彫刻を事前に確認する方法ってあるの?

    こんにちは。営業部の秋山です。悲しいことにご家族が亡くなった場合に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石のコト

    お墓を建てる前に知っておきたい!国産墓石が高いのはどうして?
  2. 石屋の出来事

    墓じまいについて
  3. お知らせ

    【お墓参り手帳】気になる中身と使い方の3つのポイント
  4. お墓

    よくお墓に使用される「御影石」をご紹介します。
  5. スタッフ日記

PAGE TOP