HOME

ならわし

1月16日はお墓参りの日?

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
みなさんは1月16日にお墓参りをしますか?宮城県内でも、地域によってお墓参りをしたりしなかったり。今回は、なぜ1月16日にお墓参りをする風習があるのかを調べてみました。

念仏の口明け


12月16日は「念仏の口止め」で、念仏は唱えずに年神様に手を合わすといわれています。そして年が明けた1月15日には年神様を見送って、1月16日にはお正月になって初めて仏さまに念仏を唱える「念仏の口明け」となります。ほかに後生始(ごしょうはじめ)ともいわれます。

閻魔賽日


1月16日と7月16日は「閻魔賽日」と言い、閻魔さまのお休みの日です。
閻魔さまといえば「ウソをつけば、閻魔さまに舌を抜かれる」など怖いイメージですが、年に2回しかお休みが許されないなんて大変ですね。
閻魔さまがお休みなので、地獄の釜の蓋が開くためご先祖様にお参りする方も多いようです。

藪入り


落語の演目でもある「藪入り」
かつて商屋などに住み込みで奉公していた女中などの奉公人は実家へ帰ることができる貴重なお休みの日でした。
閻魔賽日と同じく、1月16日と7月16日が藪入りとなっていたため、実家に帰った際にご先祖様を供養していたようです。

<まとめ>

昔の様々な風習の名残があり、1月16日にお墓参りする地域も多いようです。
ちなみに私は出身地が秋田県ですが、1月16日に仏壇に手を合わせることはあってもお墓参りすることはありませんでした。おそらく雪が多いので、お墓参りに行くのが難しいからかもしれません。
もしお墓参りに行かれる方は、雪道には十分気を付けてください。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お墓

    律宗ってどんな宗教?お墓は必要なの?

    仏教の宗派はそれぞれ考え方や教えに違いがあり、学んでいくうちに私た…

  2. お墓

    ペットが亡くなった場合はどう供養する?

    家族の中心となって周囲の人々を癒してくれるペットは、家族同然の…

  3. お墓

    お墓の後継者がいなくなったら、お墓はどうなるの?

    最近は少子高齢化や都市部への人口集中などによって、お墓を継ぐ人がお…

  4. お墓

    「墓じまい」後に遺骨はどうする?

    こんにちは。営業部の秋山です。7月も後半に差し掛かり、お盆も近くな…

  5. お墓

    おひとりさまのお墓問題!死後のお墓はどうするべき?

    結婚せずに独身で過ごしている方や離婚を経験したおひとりさまの間では…

  6. お墓

    法名碑がいっぱいになった時はどうする?

    こんにちは。営業部の秋山です。法名彫刻や今あるお墓の建替を検討され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 情報

    鏡開きってなんで鏡“開き”なの?
  2. お知らせ

    納棺師とは?故人とご遺族のお別れをサポートするプロフェッショナル
  3. お知らせ

    葬儀を生前契約する!?アメリカではメジャーのプレニードとは?
  4. お墓

    名字が違ってもお墓は継承できますか?
  5. 施工事例

    故人への想い
HOME
PAGE TOP