彫刻事例

お墓の彫刻は何色の着色をすればいいの?

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
宮城県では黒御影石のお墓が多く感じますが、最近は様々な色味の御影石でお墓を建てる方も増えてきました。白や黒、シルバー、金など様々な着色がありますが、着色を施す際に「何色が良いかな…」と悩まれる方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、様々な石種の着色事例をご紹介いたします。

白御影石への着色


白御影石は彫刻しても見えにくいため着色を施す方がほとんどです。
白か黒の着色をご選択される方が多く、白であれば柔らかい印象、黒であればはっきりと締まりのある印象になります。また汚れが目立つからと白ではなく黒をご選択される方もいらっしゃいます。

グレー系御影石への着色


グレー系の御影石も白御影石と同様に白か黒の着色をご選択される方が目立ちます。
石の色味にもよりますが、白御影石とは逆で白であればはっきりと締まった印象になります。また個人的にはグレー系にシルバーの着色の組み合わせが好みです。

黒御影石への着色

黒御影石は、彫刻しても他の石種より目立つため着色を希望される方は少ないですが、白や金などをご選択される方もいらっしゃいます。

着色は必ず必要?


彫刻が目立たないため着色をすることをオススメしますが、必ずしも着色が必要なわけではありません。お墓は屋外にあるため、着色は徐々に落ちてきてしまいます。その際にメンテナンスで再着色する方が良いですが、そのメンテナンスが面倒だと感じる方には石種の変更や「プレート型」へのデザイン変更、もしくは最初から着色しないことをオススメします。

<まとめ>

今回は、墓石への着色についてお話いたしました。彫刻を決めていただく際には、着色についてもご説明するのですが、やはりイメージが中々つきにくいという方がほとんどです。
その際イメージしやすいようCG図への反映や、施工事例集などをご覧いただいております。
また今あるお墓の着色が落ちてきてしまった時には、墓石用の着色筆ペンなどもあるのでご自身で行うことも可能です。しかし中々ご自身では難しいという方は、是非ご相談くださいね。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 施工事例

    花いっぱいのお墓をご紹介します

    怖い場所の代表として、まず頭に浮かぶ「墓地」。そんな墓地のイメ-ジが変…

  2. 施工事例

    お客様の思いのこもったお墓を紹介します!

    皆さんこんにちは。営業部の内藤です。先日のワールドカップ日本VSベ…

  3. 施工事例

    永代供養墓のご紹介

    皆さんこんにちは。営業部の内藤です。今回は昨年、当社で施工した登米…

  4. お客様の声

    ステンドグラスのお墓

    こんにちは、経理担当の吉津です。以前営業担当でもありましたので、ス…

  5. 施工事例

    名取市でお墓を建てました!

    皆さんこんにちは。営業部の内藤です。早いものでもうお彼岸ですね。皆さん…

  6. 彫刻事例

    花いっぱいのお墓をご紹介します~その②~

    こんにちは。店長の佐藤です。以前、「花いっぱいのお墓」をご紹介しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 街の情報

    わくやのイベント「ほたるまつり」
  2. 寺院情報

    涌谷町の寺院情報|見龍寺
  3. お知らせ

    浄土真宗とは
  4. 墓地情報

    区画墓地のお知らせ
  5. お知らせ

    区画墓地のお知らせ
PAGE TOP