ならわし

お墓にお供えするお花のおはなし

Pocket

お墓参りはお彼岸やお盆に行くことが多いと思います。そのため、普段なかなかお墓参りに行く機会が少ない方も多いのではないでしょうか。お参りの際はお花を供えますが、お花選びに迷われた方もいらっしゃると思います。実は避けた方がよい花などもありますので、お花選びのコツを紹介します。

お墓参りで避けた方がよいとされる花

実は、お墓参りで絶対にダメな花はありません。一般的に避けた方がよいとされている花は「トゲのある花」・「毒のある花」・「香りが強い花」です。しかし、故人が好きな花が当てはまる場合、お花を供えない方がよいのでしょうか?答えはお供えしても問題ありません。例えば、バラが好きな場合はバラをお供えしましょう。気になる場合は、トゲを取ってしまえば良いんです。もしくは、「仏花」として売っている花束に、好きな花を加えてしまう方法もあります。

「仏花」に菊が多い理由

菊には「邪気をはらう」力があると言われています。また、「切り花にしても長持ちする」・「色や種類が豊富」・「枯れても花びらが散りにくい」といった点も昔から選ばれてきた理由です。菊は古くから日本人になじみのある花で、平安時代から薬草や観賞用や食用など、さまざまな活用がされてきました。そのため、仏花としても自然と使われるようになったようです

<まとめ>

特にこだわりが無い場合は、仏花として500円~1000円程度で販売されているものを購入しましょう。お花の本数も、以前は「奇数」が良いとされていましたが、現在ではその習慣も薄れてきているようです。お墓参りはご先祖さまへの感謝の気持ちが大切ですので、その気持ちがあれば花の種類や習慣で悩まなくても良いと思います。どうしても気になってしまう方は、事前に調べたうえでお花屋さんへ行きましょう。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. お墓

    9月4日は「供養の日」

    こんにちは。営業部の秋山です。タイトルの通り、9月4日は9(く)4…

  2. お墓

    “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

    “墓じまい”される方が増加傾向にあります。少子高齢化、都市部への人口流…

  3. ならわし

    生前のお墓 完成したその後について

    こんにちは。店長の佐藤です。最近よく耳にする「終活」の一環として需…

  4. ならわし

    1月16日はお墓参りの日?

    こんにちは。営業部の秋山です。みなさんは1月16日にお墓参りをします…

  5. お墓

    「墓じまい」後に遺骨はどうする?

    こんにちは。営業部の秋山です。7月も後半に差し掛かり、お盆も近くな…

  6. お墓

    お墓参りの時期はいつが良い?

    こんにちは。営業部の秋山です。今年のお盆は、なかなか天候に恵まれず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    開眼法要について
  2. イベント

    「初売り先行内覧会」を開催します!
  3. 街の情報

    北山五山の紹介
  4. スタッフ日記

    今年のお盆は雨降りでした・・・
  5. 施工事例

    永代供養墓のご紹介
PAGE TOP