情報

お墓デザインコンテストの審査発表がありました

Pocket

こんにちは。店長の佐藤です。
毎年開催される、全優石主催「想いを込めたお墓デザインコンテスト」の審査が終わり結果が連絡されましたので、私がお手伝いさせて頂いたお客様の入賞作品をご紹介したいと思います。

仙台市内 K様


「縁」をとても大切に思われる方で、その気持ちからお墓をデザインしました。一般的に想いのたくさんこもったお墓は、凝ったデザインになりがちですが、「縁」のある方々を受け入れたい というご希望で段々シンプルにシンプルになり、最終的にこの形まで行きつきました。デザイン墓には珍しい「引き算」がとても美しいお墓です。

仙台市内 A様


近年感心が高まっている「両家墓」です。両家墓とは名字の違う方が入るお墓で、よく女の子しかお子さんがいない家庭からご希望があります。ただしA様の場合は名字の違うご親戚で、ご自宅も隣どうしのとても仲の良い関係です。両家墓の場合は、特に彫刻において前後や上下などの序列のようなものが出来てしまいます。それを避けたいとのことでまったくの対称にしました。本当は埋葬された故人への想いも込められているのですが、あまりに悲しいお話なので、ここでは割愛します。

仙台市内 T様


お墓に込められる想いには「故人」へ という他に「子孫」へ という気持ちもとても大切なものです。T様は亡くなった旦那様に対し「美しく生きてくれた」ことの感謝を込めて。またご自身、お子様、お孫様に対して「美しく生きよう、美しく生きてね」という気持ちと教えをお墓に込めました。ご自宅に伺う度に、お墓の打ち合わせを放ったらかしにしていろんなお話を聞かせて頂きました。

<まとめ>

他にもたくさんの素晴らしいお墓のをお手伝いさせて頂きましたが、今回はこの三つのデザインが入賞しました。近日、全優石のホームペ-ジで全作品が発表されます。全国から応募されますので、一つの石材店からの複数入賞はとても珍しいことです。まして一人の担当者が三つの入賞に携わるということは皆無だと思います。K様、A様、T様はじめ、想いを込めてお墓を造って頂いた皆さま、本当にありがとうございます。これからも末永いお付き合いをどうか宜しくお願い致します。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. お墓

    納骨を依頼したらいくらぐらいかかるの?目安を知りたい!

    故人の遺骨をお墓に納める際に、僧侶から読経などの儀式を行うのを「納…

  2. お知らせ

    お墓の雪を何とかしたい!雪かきをする際の注意点やポイントは?

    毎年多くの雪が降る地域は、お墓が気づかないうちに劣化が進んでい…

  3. お知らせ

    墓石が風化してくすんだ印象に…そんな時は「磨き直し」をしましょう

    屋外にある墓石のほとんどは、雨風にさらされて徐々に劣化が進んでいき…

  4. お知らせ

    自宅葬ってどんなスタイルの葬儀?そのメリットとデメリットについて

    葬儀は葬儀会館などで行うイメージが強いですが、実は自宅から送り出す…

  5. お知らせ

    ひと手間で差が出る!お墓のお花を長持ちさせる3つの方法

    お墓にお供えする切り花は時間が経つとやがて枯れてしまいます。こ…

  6. お知らせ

    雪やホコリからお墓を守ろう!墓石カバーを使った対策について

    雪が降る地域や、なかなかお墓参りに行けない人におすすめなのが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    冬のお墓参りの注意点について
  2. 石のコト

    石の紹介|M-1H
  3. 街の情報

    鍋のお供にもオススメ!涌谷町の特産品でもある水菜は栄養豊富な緑黄色野菜ですよ!
  4. 石屋の出来事

    自然石について勉強してきました
  5. お墓

    墓じまいの前に一度お墓の引越し(改葬)を検討してみませんか?
PAGE TOP