HOME

情報

禅宗とは?|黄檗宗

Pocket

こんにちは。工事部の公平です。
仏教において悟りを得るために座禅をすることを基本としているのが禅宗です。
日本には三禅宗という三つの禅宗があり、今回はその一つ「黄檗宗」を説明します。

黄檗宗の開祖、教え

黄檗宗の開祖は隠元禅師(いんげん)で、大本山は京都府宇治市にある黄檗山万福寺。
ほかの三大禅宗である臨済宗と曹洞宗は鎌倉時代の初期に日本へ伝えられましたが、この黄檗宗は江戸時代初期に伝えられた比較的新しい禅宗です。
1654年に伝えられて以来、1740年までは中国の住職を招いてきましたが、それ以降は日本の僧である龍統元棟が第14代住持となりました。
人は生まれつき体の中に悟りの種を持っているという「正法眼蔵」という考えがあり、
「この世の中に存在するのは心だけで、目で見えるすべての物事や起こる現象は、心の働きがもたらしたもの」という「唯心」の教えを大切にしています。

葬儀やお墓の特徴

中国の文化を色濃く残していて、お経や精進料理やお寺の外観まで、中国風になっていて
法要の際に唱えるお経も「摩訶般若波羅蜜多心経」と書きますが、読み方は「ポゼポロミトシンキン」という中国語の発音ですが唱えている内容はほかの宗派と同じく般若心経などが基本です。お墓もほかの宗派と特に変わりはなく、彫刻は「〇〇家之墓」となっているものが多いです。ちなみに五輪塔は上から「空」「風」「火」「水」「地」の梵字をそれぞれ彫刻していきます。

<まとめ>

禅宗の中でも、お経や使用する仏具もすべて中国で使われていたもので、銅鑼や太鼓などの鳴り物が使われて、まるで音楽のような読経が特徴。総本山の萬福寺に置かれている調度品はすべて中国のもので、色鮮やかな品物の数々は目で見るだけでも華やかとの事なので一度、足を運んでみたいものです。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お知らせ

    お墓の継承に便利!「お墓参り手帳」とは?

    最近、お墓参りの記録を残せる「お墓参り手帳」が登場したのをご存知で…

  2. お墓

    お墓の継承に相続税がかからないって本当?

    お墓は長年受け継がれていく家族にとって財産の一つです。しか…

  3. お知らせ

    新しい供養のカタチ。遺骨ペンダントを使用する際に気を付けること

    これまで供養の方法は火葬をしたお骨をお墓に埋葬するのが一般的で…

  4. 彫刻事例

    墓石に彫刻するお花の人気ベスト3を発表!

    こんにちは。営業部の秋山です。私の一番好きな季節、春がすぐそこまで…

  5. お墓

    お墓にヒビや欠けがあったらどうするべき?自分で直してもいいの?

    お墓参りの際に、墓石にヒビや欠けが見つかってどのように対応すればいいの…

  6. お知らせ

    2021年の墓石デザインや石の種類の人気ランキングをご紹介します!

    こんにちは。営業部の秋山です。昨年もたくさんの方々にご来場いただき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    今あるお墓をそのままに。地震に強いお墓にする方法
  2. お墓

    これから増加?お墓に親戚のお骨を納めることはできる?
  3. お墓

    ご先祖様の供養のために。お墓参りの正しい手順
  4. 街の情報

    北山五山の紹介
  5. お知らせ

    ”正しい”お墓での除草の仕方はご存知ですか?
HOME
PAGE TOP