HOME

ならわし

お墓づくりの手順|時期の決め方

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
3回に渡ってお話していましたお墓づくりの手順ですが、最後に「時期の決め方」についてご説明していきます!

①お骨がある場合

埋葬しなければならないお骨が手元にある場合には、目安として四十九日や一周忌までにお墓を建てる方が多いです。できるだけ早く埋葬したいと考える方が多いですが、お墓は完成するまでにおよそ2、3か月の期間が必要となります。
そのため、四十九日までにお骨を埋葬したいと考えている方は、遅くとも初七日までにはお墓を建てる石材店を決める必要があります。
また四十九日までにお墓を建てることが難しい場合には、新盆やお彼岸までにお墓を建てるという方もいらっしゃいます。もし事情があえり、一周忌を過ぎてもお墓が完成していないようであれば、菩提寺にお骨を預けて管理していただく方法もありますが、あくまでも預かっていただくのは、一時的な期間でまた費用がかかる場合もありますので、事前に菩提寺のご住職に相談することをおススメします。

②寿陵(生前墓)の場合

生前に建てるお墓を寿陵(じゅりょう)と言います。中国では古くから、縁起の良いものとして伝えられていることです。最近では、終活ブームにより生前から自分のエンディングに向けてお墓や葬儀の準備を進める方が増えてきています。
寿陵(生前墓)は縁起が良いとされる他にも、残される家族への金銭的負担を少しでも軽くしようと配慮し、希望される方が多いのが現状です。
寿陵(生前墓)は、“いつでも建てられる”というのも大きな魅力ですが、都市部では墓地が不足している問題もありますので、気に入った墓地があったらできるだけ早い段階で確保しておくことをおススメします。

<まとめ>

お墓ができあがるまでには、およそ2、3か月の期間が必要となります。そのため、まずはいつまでにお墓を完成させるかを考え、完成希望の2、3か月前までに契約が行えるよう計画的に準備をする必要があります。
そのため、事前に墓地探しや信頼できる石材店を調べておくと、いざという時に間違いのない判断のもと、後悔しないお墓づくりをすることができます。特に寿陵(生前墓)を考えている方は、しっかりと時間をかけて納得できるお墓づくりを進めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. ならわし

    お通夜はどんな服装で行くべき?マナーを守って参列しよう!

    近しい方が亡くなると、葬儀の前夜に遺体のそばで一晩をともに過ごす通夜が…

  2. お墓

    お墓参りに持って行くお花に選び方や決まりはあるの?

    お墓参りに持って行くのに欠かせないものの一つがお花です。このお花、…

  3. お墓

    禅宗の一つ臨済宗(りんざいしゅう)とは?お墓に特徴はあるの?

    日本には座禅によって修行することに重きをおく禅宗五家が存在し、その…

  4. お墓

    お墓を引き継ぐ際に手続きは必要なの?

    お墓は代々受け継がれていき、親が亡くなった後はその子供たちが管理者…

  5. ならわし

    故人と共に過ごしたい…話題の手元供養とは?

    供養の形が多様化する中で、耳にすることが増えた「手元供養」。この手…

  6. お墓

    墓埋法ってなに?供養方法を考えよう!

    近年終活ブームによって、新しい供養の方法がいろいろと登場しています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お知らせ

    墓石用洗剤でお掃除しました!
  2. 石のコト

    モアイ
  3. スタッフ日記

    読めても書けない?鹽竈神社の見どころ
  4. お知らせ

    第31回全国統一全優石お客様感謝フェア開催中!
  5. お知らせ

    お墓の知識をつけよう!石の数え方「才」とは?
HOME
PAGE TOP