お知らせ

墓石の色々なランキングを発表!~2019年版~

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
春らしい暖かい日差しを感じられる日が増えてきました。春のお彼岸もお墓参りしやすい天候だと良いですね。
さて、今日はお客様からも質問の多い様々なランキングをお話していきます。

<墓石の石種>

3位:G623

2位:北大青

1位:YB-2

1位は、やはりこの地域で建立が多いインド産の黒御影石YB-2でした。2位の北大青はいわゆる中間色で柔らかい印象のお墓づくりとして人気がありました。3位のG623は、予算を抑えたい方にオススメの石種です。
いずれも2018年とはすべて入れ替わっており、やはりその年で特色が出るようです。

それぞれの石の特徴については、過去の記事をご覧ください。
【G623】

【北大青】

【YB-2】

<墓石のデザイン>

3位:眉山(びざん)

2位:謝花(しゃか)

1位:彩苑Ⅲ(さいえん)

展示場にいらしたお客様も、東日本大震災以降は横型の洋型墓石を検討される方が多く、ベスト3のうち、彩苑Ⅲと眉山は洋型の墓石です。
しかし、2019年のニューモデルであった謝花は幅や高さがあり、昔ながらの和型墓石を彷彿させるデザインで、人気がありました。
この地域では墓石、墓誌の他に無縁塔を建立することが多いためシンプルなデザインの人気が高いといえます。

<墓石の購入金額>

3位:200万円~249万円

2位:150万円~199万円

1位:100万円~149万円


全体の平均金額では、約178万円でした。全国平均でも1番多いのが100万円~149万円、次いで150万円~199万円と同じランキング結果でした。

<まとめ>

今回は、墓石の石の種類やデザイン、価格についてランキング形式でお知らせしましたが、この他にもランキングを知りたい!というご要望がございましたら、是非お聞かせくださいね。

2018年のランキングについてはこちら

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に
  2. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?

関連記事

  1. お知らせ

    全優石ってどういうグループ?お墓とどう関係があるの?

    石材店を通りかかった際に、「全優石」と書かれたのぼり旗を目にしたことは…

  2. イベント

    「石の市」開催します!

    皆さんこんにちは。営業部の内藤です。ゴールデンウィークも終わりまし…

  3. お知らせ

    遺骨もお墓もいらない供養の形!?衝撃の「0(ゼロ葬)」とは?

    近年少子高齢化によって、お墓を持たないなどの供養の形が多様化し…

  4. お知らせ

    葬儀を生前契約する!?アメリカではメジャーのプレニードとは?

    自分のエンディングを決める終活が広がりを見せていく中で、近年ア…

  5. イベント

    初売り先行内覧会を開催中です!

    こんにちは。営業部の秋山です。12月に入り空気も乾燥していますので…

  6. お墓

    宮城県でお墓を建てる時の平均価格はどれくらい?

    お墓は家に次ぐとても高額な買い物です。そのため、建墓の際に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石のコト

    お墓にも使われる大理石
  2. お墓

    時宗ってどんな宗教?お墓には特徴があるの?
  3. お墓

    遺骨をお寺に郵送する!?賛否両論の「送骨」サービスについて
  4. お墓

    開眼法要について
  5. お知らせ

    108個あると言われる煩悩。どんな内容なの?
PAGE TOP