HOME

お知らせ

2021年の墓石デザインや石の種類の人気ランキングをご紹介します!

Pocket

こんにちは。営業部の秋山です。
昨年もたくさんの方々にご来場いただき、また皆様の大切なお墓づくりのお手伝いをさせていただきました。ありがとうございました。
今年も、昨年のデザインや石種のランキングを集計いたしましたので、今回はデザイン・石種ランキング2021年版をお知らせいたします。

以前のランキングについてはこちら


デザイン

第3位:眉山

第2位:悠美

第1位:彩苑Ⅲ


第1~3位はすべて洋型墓石でした。展示場にご来場いただいたお客様の大半の方は「洋型のデザイン墓石」をご希望されます。東日本大震災以降は、低いデザインの洋型墓石を選ぶ方が多く、その中でも定番的なデザインや幅広のデザインが人気を集めています。

外柵の石種

第3位:RYO

第2位:YB-2

第1位:G623

墓石を囲む外柵の石種でやはり根強い人気は「G623」です。安定した品質と採掘量で、また少しピンク色が入っている色味はやわらかい印象のお墓となります。また吸水した際の色味の変化を避けたいという方は黒御影石のYB-2や、RYOなどを使用されます。

墓石の石種

第3位:RYO

第2位:北大黒

第1位:YB-2

墓石の石種は外柵と同じYB-2やRYOがランクインしています。また中国産の北大黒も根強く人気があるといえます。やはり墓石は彫刻した部分がしっかりと見える石種が好まれます。というのも白御影石は彫刻した部分と磨いている部分の色味が似ているため、見えづらい傾向にあります。
そのため白や黒、グレーなどの着色を彫刻した部分に施すのですが、着色もいずれ色味が落ちてきてしますため、メンテナンスが必要になります。中にはご自身で着色を行うという方もいらっしゃいますが、基本的に墓石店にお任せという方であればメンテナンス費用と石の種類との差額を考慮して黒系の石種をオススメします。

<まとめ>

いかがでしたでしょうか。デザインに関しては、お客様それぞれのお好みでお選びいただけますが、石の種類となると「わからないので専門家目線でお願いします」という方が多いのが実情です。また先程のように石の色味によっては彫刻部分が見えづらくなってしまうという石自体の品質以外の問題点などもあります。だからいって真っ黒は石の品質としては抜群ですが、墓所によっては花粉など汚れが目立つこともあります。
それらもすべてご来場いただいた皆様にご説明しておりますので、メリット・デメリット両面を確認して石選びをされることをオススメします。

ピックアップ記事

  1. “墓じまい”が急増!遺骨はどこにいく?
  2. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. お知らせ

    最近ご相談の多い内容!お墓じまいと一緒に仏壇じまいもした方がいいの?

    こんにちは。営業部の秋山です。最近ご相談の多いお墓じまいについて手…

  2. お墓

    お墓にお供えするお線香の選び方は?便利グッズをご紹介!

    お仏壇やお墓にお供えするお線香ですが、実は使われている素材に違いが…

  3. イベント

    恒例初売りのご案内

    明けましておめでとうございます。総務課の佐藤です。お正月はゆっくり出…

  4. 情報

    はじめましてと映画の話

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  5. ならわし

    お悔やみの席では要注意!「忌み言葉」にはどんなものがある?

    お通夜や葬儀の場で使ってはいけないと言われているのが「忌み言葉」で…

  6. お知らせ

    目地の劣化は墓石の寿命を縮めることに!?自分でできる補修方法は?

    お墓はパーツごとに組み立て建立されており、そのパーツのつなぎ目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. お墓

    お墓にある卒塔婆はいつ下げるの?正しい時期と方法
  2. お墓

    お墓はどこに建てることができるの?墓地の場所とそれぞれの特徴
  3. お墓

    樹木葬や散骨はどこでできるの?
  4. お客様の声

    ステンドグラスのお墓
  5. 街の情報

    新酒が楽しめる時期になりました!日本最古の産金地の日本酒「黄金澤」を堪能してみま…
HOME
PAGE TOP