石のコト

ビヤンコカララのインテリア用品のご案内

Pocket

こんにちは。総務課の佐藤です。
梅雨入り予報が発表されましたが、まだまだ朝晩と日中の気温差があるので体調管理が難しい今日この頃ですね。風邪などはひいておりませんか。
今回は、大理石ビヤンコカララを使用して造られたインテリア用品を数点ご紹介させて頂きます。

ビヤンコカララ石の歴史

イタリアのトスカーナ州マッサ=カッラーラ県にある都市より産出されており、カッラーラ・ビアンコ(白色)とも呼ばれています。白地に淡く入ったグレーの紋様は決して飽きることのない不変のデザインです。
採石場は古代ローマ時代から始まり、今も年間数十万立米が採石されています。そのため、採石場のある山々は、夏でもまるで雪が積もったかのように白く輝いているそうです。採石場から地中海まで数キロと近い為、海上輸送が盛んになったそうです。

花瓶

一輪挿しです。円柱型や横長丸型などサイズもいろいろあります。テーブルの真ん中に、花一輪挿しておくと心が和みますし、お部屋が明るくなりますね。

トレー・コースター

コースターやトレーなど、玄関やリビングに置いて飾り物としても良いですし、お客様のおもてなしに菓子やフルーツなどを置き、コースターには飲み物をのせてはいかがですか。話がはずむと思いますよ。

<まとめ>

ビヤンコカララは大理石で多くは建築材に使用されていますが、インテリア用品として造られた品も高級感に加え清潔感がありますね。
天然石は、自然が織りなす紋様の為、一枚たりとて同じものがありません。当社で展示していますので、お近くに来た際は立ち寄って手に触れてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 石材選びは慎重に

関連記事

  1. 石のコト

    歴史あるところに石ありⅡ -秋の山唄発祥の地―

    こんにちは、総務課の佐藤です。当社がある涌谷町は、なんと民謡で有名…

  2. 石のコト

    御影石(花崗岩)について

    営業の今野です。現在、御影石と呼ばれる石材の多くが花崗岩です。それ…

  3. 石のコト

    こんなところに石・岩

    こんにちは。墓石のデザインをしている加藤です。ブログにご訪問い…

  4. 石のコト

    石と人の歴史「勾玉(まがたま)」とは

    勾玉とはいったい何なのでしょう。大昔に石で作られたものですから、その形…

  5. 石のコト

    どうしてお墓にお地蔵様が設置してあるのか?

    こんにちは、経理の吉津です。ゴールデンウィーク☆どのようにお過ごし…

  6. 石のコト

    石ってどのぐらい重いかご存知ですか?

    こんにちは。店長の佐藤です。皆さん石が重いのはご存知だと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アーカイブ

  1. 石屋の出来事

    自然石について勉強してきました
  2. 寺院情報

    登米市の寺院情報|寶林寺
  3. 寺院情報

    大崎市の寺院情報|東渓寺
  4. 街の情報

    精進料理「おぼろ汁」について
  5. 石のコト

    石の単位について
PAGE TOP